スキルがなくても転職できる?20代女性の転職成功のコツとおすすめの職種を紹介

更新日:2024.02.05

この記事のまとめ

  • 20代女性は、スキルがなくても転職の成功が期待できる。
  • 「自分にはスキルがない」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、中には自分では気付いていないだけで、スキルを持っている方もいます。
  • スキルがない20代女性でも、しっかりと準備して転職活動に臨めば転職は難しくない。

「20代女性はスキルがなくても転職できる?」
「スキルがなくても転職を成功させるコツとは?」
上記のような疑問をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

結論から言うと、スキルがない20代女性でも転職はできます。スキルがない方が転職を成功させるにはさまざまなコツが必要です。

本記事では、スキルのない20代女性が転職できる理由や転職しやすい職種、転職成功のコツを紹介しています。

監修者:高橋透
監修キャリアアドバイザー
前職は飲食店店長として、店舗運営・マネジメント・採用・教育などを一通り経験。人材業界のビジネスモデルに共感を覚え転職を決意。キャリアアドバイザーを選んだのは人と話すのが好きなこと、そしてこれまでのサービス業の経験など、自分の強みをフルに活かすことができる仕事だと感じたから。

20代女性のための転職成功ガイド

20代女性でスキルがなくても転職できる

20代女性でスキルがなくても転職できる

「自分には転職できるだけのスキルがない」と考えている女性の方がいると思います。特に、20代前半の女性は社会人経験が豊富ではないため、自信を持てない方が多いのではないでしょうか。しかし、20代女性は下記のような理由から、スキルがなくても転職の成功が期待できます。

  • ポテンシャル採用の枠がある
  • 企業は若手を採用して長く働いてもらいたい
  • 新卒よりも育成コストがかからない

企業が20代を採用するポイントや背景を理解し、転職活動に活かしてください。

ポテンシャル採用の枠がある

年々採用市場は激化しており、即戦力の確保が難しく、思うように応募が集まらない企業もあります。そこで採用の間口を広げるため、第二新卒などを対象にスキルや経験を重視せず、伸びしろのある優秀な人材を募集し、入社後に育てていくポテンシャル採用を行う企業も増えています。

求人の求める経験やスキル、人物像に、「第二新卒、社会人経験1~3年以上、未経験歓迎」などの記載がある求人は、ポテンシャル採用なことが多いです。企業によっては、ポテンシャル採用と記載があることもあります。

ポテンシャル採用では、求職者の潜在能力や成長の可能性を評価するため、スキルや経験がなくても採用されるチャンスがあります。第二新卒と呼ばれる新卒1〜3年目の人はポテンシャル採用の求人を探してみるのもいいでしょう。

企業は若手を採用して長く働いてもらいたいと考えている

企業は「長く働いてくれる人材」を求めています。企業は若手を積極的に採用し、自社の文化で育てていきたいと考えているからです。そのため、なるべく若い世代を採用したいと考えており、年齢に見合ったスキルや経験を判断しています。社会人1~3年目などは専門的なスキルも少なく、企業側がそこまで求めていないことから、スキルがなくても転職ができる可能性があります。

新卒よりも育成コストがかからないから

専門的なスキルはないかもしれませんが、ビジネスマナーや基本的なPCの操作など社会人として必要なスキルの基礎が身についているという点はプラス評価になります。新卒を採用すると社会人として必要なマナーや仕事の進め方などを0から教育する必要がありますが、それにはかなりのコストがかかります。多少社会人経験を積んでいる中途採用ならその育成コストを抑えることができるため、ベンチャーや中小規模の企業ではあえて中途採用で若手を確保することもあるのです。

このように、企業からすると、スキルがなくても20代女性を採用するメリットは多いです。経験やスキルが重要なのは事実ですが、多少スキルが足りなくても転職できる可能性はありますので、自信をもって転職活動を行いましょう

本当に「スキルがない」かどうかを確かめる方法

本当に「スキルがない」かどうかを確かめる方法

「自分にはスキルがない」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、中には自分では気付いていないだけで、スキルを持っている方もいます。
そこで、本章では自分にスキルがあるかどうか確かめる方法を2つ紹介します。

  • 転職エージェントなどに登録してみる
  • 職務経歴書を書いてみる

自分にスキルがあるかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントなどに登録してみる

自分にスキルがあるかどうか確かめたい方は、転職エージェントに登録してみましょう。多くの転職サイトや転職エージェントは、登録する際に自分の情報を記入する必要があります。もし、記入できる情報が何もなかった場合は、スキルがないかもしれません

一度社会人を経験しているのであれば何か書けるはずですので、試してみる価値はあります。また、転職エージェントではキャリアの棚卸をしてくれるため、キャリアアドバイザーと一緒にスキルを見つけていくこともできます。自分にスキルがあるか知りたい方はtype女性の転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

職務経歴書を書いてみる

転職エージェントに登録する以外にも、職務経歴書を書いて確認する方法もあります。

職務経歴書とは、どの会社で何をやっていたかを羅列する書類です。自分が前職でどんな業務を行っていたか細かく思い出しながら書いてみると、「意外と自分にはスキルがあるんだ」と気付くことがあります

しかし、職務経歴書を書く準備として「キャリアの棚卸」が必要とよく言われます。キャリアの棚卸を一人で行うのは難しいので、転職エージェントに相談しながら行うのがおすすめです。

関連記事:職務経歴書の書き方(職種別)と提出方法

スキルがない20代女性でも転職しやすい職種

スキルがない20代女性でも転職しやすい職種

スキルがない20代女性でも転職しやすい職種を5つ紹介します。

  • 営業職
  • 事務職
  • ITエンジニア職
  • 販売サービス職
  • 介護職

各職種がなぜスキルがなくても転職しやすいのか紹介します。

営業職

営業職は会社の売上を担う部署のため、求人数が多くなおかつ未経験可の求人が多い職種です。

学生時代のアルバイトで得た接客経験なども評価される場合がある職種なので、社会経験の少ない20代女性でも挑戦しやすいといえます。

面接時のコミュニケーションで、笑顔や会話力といった営業の適性を見られていることが多く、面接の練習を行っておくとより転職成功の可能性が期待できます。

関連記事:女性にとって営業の仕事はきつい? 実は未経験でも働きやすい理由を解説!

事務職

2つ目は事務職です。特に一般事務はマニュアルに沿った作業やサポート業務を任されることが多く、PCスキルがあれば入社してからでも仕事を覚えられるため、専門的なスキルがなくても転職成功の可能性が高いです。

とは言え、事務職にも転職するうえで注意するべきことも多々あります。下記の記事には、未経験で事務職に転職しようと考えている方向けに、事務職の仕事内容や注意点、転職した方の実際の声をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:未経験で事務職に転職したい女性が注意すべきポイント

ITエンジニア職

ITエンジニアは昨今深刻な人材不足に陥っているため、求人が多い傾向にあります。企業の採用競争は過熱しており、経験者採用を諦めて未経験者採用にシフトしている企業も増えています。そのため未経験可の求人は増えており、これからスキルを身に着けたい方におすすめの分野です。

特に大手企業では、未経験者を育てる体制が構築されている所もあり、専門性の高いスキルは入社してから学ぶことができるでしょう。勉強し続ける意欲やITへの興味関心、コミュニケーション能力などが求められます。

下記記事にて、システムエンジニアの仕事内容ややりがい、身に着けるべきスキルを紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

関連記事:システムエンジニアの仕事とは?やりがいや活かせる資格、キャリアパスなど解説

販売サービス職

販売サービス職は人材の流動性が高く、未経験から人を育てる体制が整っていることが多いので、スキルがなくても転職しやすいと言えます。営業職と同様にアルバイトでの接客経験が活かせるので、社会人経験が少ない20代女性でも転職しやすいです。

しかし、面接時のコミュニケーションで販売職への適性があるか判断されることもあるため、面接練習をしておくと良いでしょう。

また、女性向けの商材を扱う企業では顧客の年齢層に近い販売スタッフは特に重宝されるため、自身の身近なアイテムを扱うブランドなどは狙い目といえます。

下記記事にて、販売職の仕事内容ややりがい、身に着けるべきスキルを紹介していますので、気になる方は参考にしてください。

関連記事:販売職の仕事とは?やりがいやキャリアパスなどを解説

介護職

スキルがない20代女性でも転職しやすい5つ目の職種は、介護職です。少子高齢化社会となっているため、他の業種に比べると介護職の人材不足は深刻なため、転職しやすいです。
また、介護スタッフからケアマネージャーなど、業界内でのキャリアアップのルートもある程度パターンが決まっているので、20代のうちから経験を積んで早めに資格取得をすることで年収アップも見込めます。

体力的にも元気な20代は力仕事も多い介護業界では重宝されるため、転職成功に繋がりやすいと言えるでしょう。

スキルがない20代女性の転職活動のコツ

スキルがない20代女性の転職活動のコツ

自分にスキルがないと気にしすぎてしまうと、転職活動が思うようにいかず、思わぬミスを引き起こしてしまう可能性があります。下記のフェーズごとにコツや注意点を説明しますので参考にしてください。

  • 企業選び
  • 書類作成
  • 面接

フェーズごとのポイントを押さえた上で転職活動を行いましょう。

企業選び

本当に「スキルがない」かどうかを確かめる方法」でも紹介した方法で、自分にどんなスキル・強みがあるか把握します。今の自分のスキルが活かせる企業を選ぶのが重要です。自分の長所や短所を分析しておくと、企業選びの指標になります。求人票をよく読み、自分の適性にあっているか見極めましょう。

また企業研究を行うことも重要です。スキルがない分、求人票やHPなどをよく読み、「なぜこの会社にいきたいのか」を熱意をもってアピールできるように準備しておくことが大事です。

書類作成

転職活動で書類を作成する際は、スキルがないからといって業務経験欄を空欄にして企業に提出するのはやめましょう。スキルがなくても、どんな工夫をして業務に取り組んでいたか記載するだけで、自身のアピールに繋がります。

ポテンシャル採用の場合は、企業も特別なスキルや実績を期待しているわけではありません。工夫して業務に取り組んだ経験や仕事で心がけていることなど、「面接で会ってみたい」と思わせるような応募書類にしてみましょう。

関連記事:履歴書の書き方・提出方法【ダウンロードフォーマット付】

面接

転職面接時に質問されることの多い「転職理由」について、「スキルがなくても受け入れてくれるから」や「未経験可と書いていたから」と答えるのはNGです。また、スキルがないからと自分を卑下しながら面接を受けるのもやめましょう。なぜ転職をするのか、どうして応募企業に入りたいのかなど、質問に答えられるように準備します。特に、「入社後私はこうなりたい」や「入社後こんなことをできるようにして貢献したい」といった熱意を伝えられるようにしましょう。

面接でどのような回答をすればいいのかわからない、面接が上手くいかないなどのお悩みの方は、転職エージェントを活用するのもおすすめです。キャリアアドバイザーが面接の受け答えの練習をしてくれたり、答えにくい質問の回答を一緒に考えてくれたりしてくれます。type女性の転職エージェントでは、企業ごとによくある質問や回答のポイント、模擬面接などの面接対策を行っております。

関連記事:転職の面接でよく聞かれる質問と好印象を与える回答のコツ

まとめ

スキルがない20代女性でも、しっかりと準備して転職活動に臨めば転職は難しくありません。20代ならではの強みを活かし、スキルがないことをカバーして転職を成功させましょう。

自分にはスキルがないと決めつけず、自己分析をしっかりと行い、活躍できる転職先を探してみましょう。自己分析や企業探しは1人では難しいので、type女性の転職エージェントを活用して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

また転職活動を行うにあたって出てくる疑問や不安についてキャリアアドバイザーと無料で1対1の相談できる「20代初めての転職相談会」も実施しています。まずはお気軽にご相談ください。

人気記事ランキング