20代女性が転職する前に知っておくべきこと20's-Know-How

ライフイベントなども見据え、将来の自分像を強く意識する20代女性の転職。
20代女性の転職理由、実際に応募している求人、転職が決まった求人の傾向が何なのか。
そして転職する前に考えておきたい事項や、年齢別のポイントなどを転職エージェントの目線から解説します。

20代女性の転職のポイントmake come true

Part
1

20代前半・半ばの転職Early 20's of the job change

20代半ばまでは
「ポテンシャル」が重要視される

20代前半であれば、社会に出たとはいってもまだまだ経験値としては物足りません。社会人1年目、2年目であればなお更です。つまり、採用企業は、イチから教えるつもりで求人を出しているのです。教育担当になる先輩や上司の教えることを素直に聞き入れ、できるだけ早く業務を習得、成長してくれそうかを重視される年齢と言えるでしょう。

20代前半の女性のイメージ

20代前半、特に23~26歳の方は「未経験」転職でのキャリアチェンジも、経験を活かした「キャリアアップ」も選択できる年齢と言えます。

「未経験」転職は
26歳まで がしやすい傾向に

20代前半、特に23~26歳の方は「未経験」転職でのキャリアチェンジも、経験を活かした「キャリアアップ」も選択できる年齢と言えます。

【年齢別】未経験求人と
経験求人の割合

年齢別、女性が未経験で応募できる求人割合のデータ

※type女性の転職エージェントにて保有している「経験者募集求人」と「未経験者可」 の求人数を算出

type女性の転職エージェントが保有している20代女性を採用ターゲットとした求人を見てみると、23歳女性を採用ターゲットにしている求人の56%、24歳女性を採用ターゲットにしている求人の64%が未経験可の求人となっていることが分かります。
25歳では34%、26歳では32%とやや割合は落ちますが、それでも約1/3は未経験可の求人となっています。逆に27歳以降になると、未経験可の求人が少なくなることが見て取れます。

こうした求人数の背景から、「他の仕事にチャレンジしてみたい」「もっと働くスタンスを変えていきたい」という方は、26歳までに一度、今後のキャリアプランを考えてみることをオススメします。27歳からは、ポテンシャルではなく、「今までの経験」を重視される傾向が強くなっていくため、今まで積んできたキャリアを棚卸しする良いタイミングであるとも言えるでしょう。

年齢別!
20代前半女性の転職のポイント

24歳女性の場合

24歳女性の転職ポイント

25歳女性の場合

25歳女性の転職ポイント

26歳女性の場合

26歳女性の転職ポイント

Part
2

20代後半の転職late 20's of the job change

20代後半からは
今までの「経験」を重視される傾向に

20代後半、特に26歳以降は20代前半までに経験してきた職種での専門的なスキルが求められると考えておくのが良いでしょう。もちろん、未経験採用の求人もありますが、27歳からは、応募者に対する企業の採用担当者の目線が変わることは確実です。例えば、営業職であれば数値的な実績を、事務職であればExcelのスキルや具体的な業務改善の経験を求められることが多いです。

20代後半の女性のイメージ

20代後半の方は総じて今までの経験を活かした転職をすることが大切になってきます。ここまでお伝えした内容からすると、「20代後半の転職は厳しいの…?」と不安になる方も多いかもしれません。しかし実は、20代後半の方を採用ターゲットとしている求人が転職市場では最も多いという事実もあります。

26~28歳は募集求人が多く
転職のチャンス

type女性の転職エージェントが保有している求人の数を年齢別に比較してみると、26~28歳の女性歓迎の求人数が一番多くなっています。(2017年12月現在)

【年齢別】女性をターゲットにした求人数の比較

年齢別、女性積極採用の求人数の推移

※type女性の転職エージェントにて保有している求人数から算出

現在、つまり今、女性の転職市場で最も注目度の高い年齢層が26~28のの年齢層だと言えます。それは、20代ならではの仕事に対しての吸収力の高さや、新卒入社からの基礎スキルの習得を終え、ある程度の現場経験を積んでいる方が多いため、採用企業にとってはこれからの管理職候補として一層の専門スキルの向上や、マネジメントを期待できる年齢層だからです。

20代中盤から後半の年齢層を採用ターゲットとした求人が多い傾向にあるため、今までの経験を活かした転職をする時期としてはチャンスと言えるでしょう。

年齢別!
20代後半女性の転職のポイント

27歳女性の場合

27歳女性の転職ポイント

28歳女性の場合

28歳女性の転職ポイント

29歳女性の場合

29歳女性の転職ポイント

Part
3

転職活動を始める前にbefore job search

Step. 1
優先順位を付けておく

女性のお悩み一覧

転職は「不動産賃貸の物件選びと同じ」という意見もあります。転職先の希望条件として求めることは、給料、業種、仕事の内容、企業規模、労働時間、休日、福利厚生など人それぞれです。

しかし、すべての希望が叶う転職を実現することは難しいケースが多いのが実情です。条件に優先順位を付けておくと、応募する企業選びがスムーズになります。入社直後だけでなく、将来のキャリアプランも見据えたうえで、自分にとって何が大切か考えてみましょう。

Step. 2
どんな仕事があるのか知っておく

転職活動を始める前にどんな仕事があるのかちゃんと知っておくこともとても重要です。それはあなたのキャリアや可能性をグッと広げることになるからです。

20代女性に人気の
「転職先」と「実際の転職先」

20代女性に人気の「転職先」と「実際の転職先」の比較グラフ

type女性の転職エージェントへ転職相談に来られる20代の女性転職希望者の「応募した職種」と「転職先の職種」のグラフを見ると、事務職を希望する方が多い一方で、実際には営業職として転職している方が多い傾向にあることが分かります。これは、転職前に感じているそれぞれの職種のイメージと、実際の働き方が違うことが原因の一つと言えるでしょう。

例えば、営業職であれば「残業が多い」「ノルマがきつい」などのイメージを持たれている方が多い傾向にあります。ひとくくりに営業職といっても、業界や企業によって仕事の内容やスタイルは様々です。「残業10時間以下」「産休・育休実績多数」など、あなたの希望を叶えられる求人もあります。大切なことは、あなたが転職で叶えたいことが何で、応募しようとしている求人、企業ではそれが叶うのかをしっかり確認することです。

Interview参考:20代女性の転職実例インタビュー

case.1 Interview結婚とキャリアの両立を。ワークライフバランスを求めた私の転職
福井 成美 様

育休・産休を取得しても働き続けられること。ロールモデルがいることを大切にしました。

case.2 Interview転職には価値観の整理が大切。「人に貢献する」を実現できるまで
矢島 萌 様

価値観の合う環境で働くことを大切にしたい。転職活動を通じ、自分に合う環境を見つけました。

case.3 Interview大切なのは諦めず考えること。やりがいから見つけた将来のキャリア
坂本 麻奈実 様

長くために必要なこと。転職活動を通じて気付いたことを、今の仕事でも活かしています。

Step. 3
転職エージェントに
相談してみるのも一つの手

キャリアアドバイザーのイメージ

どんな仕事があるのか、どんな仕事なら自分に合いそうか、さらには転職で叶えたいことの整理まで、自分ひとりで考えるのはとても大変です。そうした悩みからあなたに合った仕事や働き方を提案することが、私たち転職エージェントの役目でもあります。何から始めたら良いのかわからない、活動の準備、整理をご自身でしてみてもピンとこない場合には、転職エージェントに相談してみるのも一つの手と言えるでしょう。

type女性の転職エージェントでは、年間5,000名を超える女性の転職希望者の転職サポートを行っています。キャリアカウンセリングや、あなたのご経験や希望に合わせた求人をご紹介していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連するQ&A

Page Topへ