転職エージェントの利用の流れ~登録から入社までのステップごとに解説

更新日:2023.12.26

転職エージェントの利用の流れ~登録から入社までのステップごとに解説

更新日:2023.12.26

本記事では、転職エージェントに登録してから、新しい会社への入社までの流れをステップごとに解説します。転職エージェントの利用に関するよくある質問と回答、活用方法も紹介しています。転職活動をする上で転職エージェントを利用しようか悩んでいる方、登録したまま使いこなせないでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

監修者:青柳 真理子
監修キャリアアドバイザー
約10年に渡り、営業職やITエンジニア職の転職支援を行う。新卒就職支援やIT派遣のアドバイザー経験もあり。 現在は販売サービス職、事務職、管理部門の転職支援を中心に行うキャリアアドバイザー部の局長。

転職エージェントの登録~入社までの流れ

転職エージェントの登録~入社までの流れ

転職エージェントを利用した転職活動の流れは「登録→面談・求人紹介→応募・書類選考→面接→内定・入社」の5つのステップになっています。転職エージェントに登録してから入社までの期間は、一般的には約3カ月です。ステップごとに詳しく解説していきます。

STEP1:転職エージェントの登録

STEP1:転職エージェントの登録

転職エージェントのサービスを受けるためには、会員登録が必要です。自分に合った転職エージェントを選び、登録するコツを紹介します。

自分に合った転職エージェントを見つける

転職エージェントは、「総合型」と「特化型」の2つに分けられます。総合型は、幅広い業種や職種の求人情報を取り扱っているため、多種多様な求人を紹介してもらえるところが特徴です。特化型は、特定の業種や職種、スキル、エリアなどに特化した求人情報を取り扱っているため、専門的な知識やノウハウがあり、高いマッチング精度に強みを持っています。

女性に特化したtype女性の転職エージェントをメインで利用しながら、求人数の多い総合型転職エージェントを利用すると、女性ならではのキャリア支援と幅広い求人の紹介が受けられます。転職エージェントは併用することができるので、総合型と特化型を組み合わせて利用するのがおすすめです。

また自分に合った転職エージェントを見つけるためには、転職エージェントにどのようなサポートを求めているのか考える必要があります。「初めての転職だから職務経歴書の添削や面接対策をしてほしい」「自分に合った仕事が何か教えてほしい」「結婚や出産しても働き続けられる職場を紹介してほしい」など、求めるサービスが実現できる転職エージェントを選びましょう。

関連記事:転職エージェントの選び方~自分に合った転職エージェントを選ぶコツ

転職エージェントに登録する

自分に合った転職エージェントが見つかったら、転職エージェントのサイトから会員登録を行います。現在の就業状況や転職先の希望条件、経歴、氏名や連絡先などの個人情報などを入力します。

転職エージェントによって必須項目は異なりますが、任意項目も含めてなるべく多くの情報を入力することをおすすめします。転職エージェントは記入された情報と保有している求人をマッチングして、面談や求人の紹介を行うサービスです。情報が多くあると、希望にマッチした求人を紹介してくれます。マッチングする情報が少ないと、保有している求人の状況によっては、サービスを受けるのが難しい場合があります。

面談の日程を決める

登録後に転職エージェントから面談の連絡があります。一般的には、登録当日~1週間以内に電話もしくはメールで連絡が来るので、待ちましょう。連絡があったらキャリアアドバイザーと面談をする希望日程を伝えます。type女性の転職エージェントでは、面談の日程調整はマイページからも可能です。多くの転職エージェントでは、平日の夜や土曜日など働きながらでも面談が受けられるようになっています。

type女性の転職エージェントでは、登録から1週間以内に電話もしくはメールでご連絡をしております。面談は、平日10:00~19:30開始(一部土曜日)で実施しています。

STEP2:キャリアアドバイザーとの面談・求人紹介

STEP2:キャリアアドバイザーとの面談・求人紹介

転職エージェントに登録して、面談の日程が決まったら、いよいよキャリアアドバイザーとの面談です。事前準備や面談のコツについて解説します。

面談前の準備

キャリアアドバイザーとの面談を有意義にするためには、事前準備が重要です。職務経歴書やマイページの入力など求められた場合は、面談前に対応しておきましょう。面談では必ず職務経歴や具体的な仕事内容を聞かれます。面談に職務経歴書は必要ないことも多いですが、箇条書きでもいいのでこれまでの職務内容や実績をまとめたものを準備しておくとスムーズに話ができます。

Web面談や電話面談の場合は、イヤホンを用意しておき、通信環境が安定しているか、電池残量があるかを確認しておくと安心です。

また面談は時間が30~1時間と限られています。面談の目的を決めておくと時間を有意義に使えるのでおすすめです。例えば「職務経歴書の添削をしてもらう」「自分の適性や強みを教えてもらう」など、面談で知りたいことや確認したいことを最初に伝えておくと、キャリアアドバイザーも希望に沿った提案ができます。

キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーとの面談は「キャリアの棚卸し→転職理由の確認→希望条件の確認→求人の紹介」の流れが一般的です。キャリアの棚卸しでは、経歴や仕事内容、スキルの確認を行います。自分では気が付かなった適性や強みなどが明らかになることが多いです。転職理由は過去の転職経験も含めて確認します。希望条件をヒアリングし、転職で叶えたいことやキャリアビジョンを明確にしていきます。面談で伺った内容をもとにあなたにマッチした求人の紹介があります。

キャリアアドバイザーとの面談では、本音を伝えてください。転職理由などネガティブな内容でも伝えて大丈夫です。取り繕った理由や本音を隠した希望などを伝えると、そのまま転職活動が進み、希望と異なった求人の紹介や転職後の不満に繋がります。条件を満たす求人の紹介が受けられず転職活動が思うように進まないこともあるので、キャリアアドバイザーには本音を話しましょう。

関連記事:転職エージェントとの面談とは?流れや服装、事前準備など解説
関連記事:転職エージェントと電話面談のみでも問題なし!メリットや事前準備、流れなど解説

求人の紹介を受ける

面談後はキャリアアドバイザーが面談で伺った内容をもとに求人を紹介します。転職エージェントでは、紹介された求人のみ応募が可能です。紹介された求人が「希望と一致している」「もっと職種を絞ってほしい」など要望があればキャリアアドバイザーに伝えてください。キャリアアドバイザーはフィードバックを受けることで、マッチング精度を高めることができるからです。

また、求人票で気になる点や詳しく知りたいことがあれば、キャリアアドバイザーに確認しましょう。キャリアアドバイザーが確認してくれます。

STEP3:応募、書類選考

STEP3:応募、書類選考

求人の紹介を受けたら、気になる求人に応募し、書類選考に進みます。求人への応募には履歴書や職務経歴書などの応募書類が必要になります。応募書類の作成、求人への応募、書類選考について、解説します。

応募書類の作成

キャリアアドバイザーとの面談が終わったら、応募に必要となる職務経歴書や履歴書を作成しましょう。職種によっては、ポートフォリオも準備します。応募書類の不備や応募先の企業に合った強みやスキルがアピールできていないと、書類選考の通過率が低くなります。応募書類の作成に不安がある、そもそも書き方が分からない場合は、書類通過率を高める履歴書や職務経歴書の書き方のノウハウがあるので、キャリアアドバイザーに相談してみましょう

type女性の転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削も行っています。応募書類の添削をご希望の際は、担当のキャリアアドバイザーに添削の希望を伝えてください。

関連記事:履歴書の書き方・提出方法【ダウンロードフォーマット付】
関連記事:職務経歴書の書き方(職種別)と提出方法

応募

応募書類が完成したら、気になる求人に応募しましょう。求人への応募はキャリアアドバイザー経由で行います。マイページなどから求人応募の意思表示をすると、キャリアアドバイザーが応募手続きをします。type女性の転職エージェントでは、応募時に応募書類とともに、あなたの「強み」を企業に印象づける「推薦状」を企業に提出いたします。

type女性の転職エージェントを利用して転職を成功させた人は、約20~30件の求人に応募しています。1件ずつ応募していると、1社ごと選考結果を待って動くため転職活動が伸びてしまったり、内定が出た時に比較ができなかったりするので、複数社同時に応募しておくといいでしょう。

書類選考

書類選考の結果は1週間くらいで連絡が来るのが一般的です。結果の連絡はキャリアアドバイザー経由で行います。早いと数日、遅いと1カ月くらいかかることもあります。年末年始など企業が休みの期間は選考に時間がかかることも。書類選考の結果を待っている間に、面接の準備を進めておきましょう。

STEP4:面接

STEP4:面接

書類選考を通過したらいよいよ面接です。面接対策や面接後のアクションについて解説します。

面接日程を組む

面接の日程はキャリアアドバイザーが調整してくれます。希望の面接日程をキャリアアドバイザーに伝えてください。その際、希望の日程を広く出しておくといいでしょう。複数社の面接が決まった場合は、選考のフェーズが同じになるようにしてくれたり、面接の日程が被らないように、キャリアアドバイザーがスケジュールを組みます。

面接対策

面接の通過率を高めるためには、事前準備が大事です。面接でよくある質問の回答を用意する、声に出して練習をしておくことをおすすめします。面接対策を行ってくれる転職エージェントを活用するのもいいでしょう。

type女性の転職エージェントでは、事前によくある質問の共有や回答例を一緒に考えたり、模擬面接を実施するなど、面接対策に力をいれています。面接の通過率を高めるノウハウが豊富にあるのは、転職エージェントの強みです。面接が上手く行かないとお悩みの方は、ぜひご相談ください。

関連記事:type女性の転職エージェントの面接対策とは?

フィードバックを受ける

面接の結果はキャリアアドバイザー経由で伝えられます。その際、面接のフィードバックを企業からもらっているケースがあるので、キャリアアドバイザーに聞いてみましょう。自分では気が付かなった癖や上手く行かなかった点など、次の面接に活かせるフィードバックをもらえる可能性があります。面接のフィードバックを受けられるのは、転職エージェントならではのメリットなので、活用してみてくださいね。

STEP5:内定・入社

STEP5:内定・入社

無事に面接を通過して内定をもらったら、入社条件をすり合わせます。新しい会社に入社をするまで、転職エージェントのサービスは続きます。

入社条件の決定

企業から内定をもらったら、入社日や給与などの入社条件をすり合わせます。実は聞いていなかった、求人票と相違があったなどのトラブルを回避するためにも、条件のすり合わせは重要です。

type女性の転職エージェントでは、「内定通知書」のお渡しに加え、求人票の内容と齟齬がないかを企業とすり合わせをしております。

入社後のフォローを受ける

新しい会社に入社した後も、転職エージェントのアフターフォローはあります。type女性の転職エージェントでは、入社後1~3カ月以内に、提示された条件との相違がないか、希望通りの仕事ができているかなど、確認しています。

転職エージェントを活用する方法

転職エージェントを活用する方法

転職エージェントを利用した時の流れが分かったところで、転職エージェントを効率的に活用する方法も紹介します。

本音で話す

自分を良く見せようと虚偽や嘘を伝えるのは絶対にやめてください。経歴詐称など虚偽の情報を伝えたまま選考が進んでしまうと、内定取り消しや解雇、転職支援サービスを受けられなくなる可能性があります。

本音を伝えないと希望する求人の紹介や的確なアドバイスを受けられないので、正直に自分の思いや希望を伝えることが大切です。

関連記事:転職エージェントとの面談は本音で話した方がいい理由と注意点

自分に合った転職エージェントを利用する

転職エージェントの選び方でもお伝えしましたが、転職エージェントによって強みや特徴が異なります。自分の希望するサポートにあった転職エージェントを2、3社登録をしてみて、最終的に1、2社に絞って利用するといいでしょう。

特にキャリアアドバイザーとの相性が重要です。キャリアアドバイザーによっても得意領域が異なるので、転職エージェントを併用し実際にやり取りをして、相性を見極めることをおすすめします。

関連記事:転職エージェントを併用するメリット・デメリットを解説!掛け持ちの注意点とは?

判断は自分でする

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーからの提案やアドバイスを受けますが、最終的な応募や入社の決断は自身で行いましょう。複数の転職エージェントを利用している場合、異なるアドバイスを受ける可能性があるため、自分自身の判断基準を持つことが重要です。自分で決めないと転職活動が上手く進まなかったり、転職先での不満に繋がります。

関連記事:転職エージェントの賢い使い方!選び方の基準や利用の流れも解説

転職エージェントの利用に関するよくある質問

Q.転職エージェントは無料で使えますか

A.type女性の転職エージェントは無料で利用できます。転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、その求職者が企業に採用された場合、企業から成功報酬を受け取ります。この成功報酬が転職エージェントの主な収益源となっており、これによって求職者へのサービスを無料で提供することが可能となっています。

関連記事:転職エージェントの仕組み|無料で使える理由や利用可能なサービスを解説

Q.転職エージェントを利用するメリット、デメリットは?

A.転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーにキャリアの相談ができたり、自分では気が付かなかった強みや適性を教えてくれたり、応募書類の添削や面接対策など転職のサポートを受けられるのがメリットです。転職エージェント独自情報や求人などがある点も魅力です。

デメリットとしては、応募できる求人が限られていたり、サポート期間が決まっている場合があったり、キャリアアドバイザーとの相性が合わない可能性があることが挙げられます。

関連記事:転職エージェントのデメリット4選|メリットや利用がおすすめな人も解説!

Q.転職時期が決まっていなくても登録できますか

A.転職時期が未定でも転職エージェントに登録できます。転職をするか悩んでいる相談もOK。キャリアアドバイザーがお話を伺って、転職をしない方がいいと伝えることもあります。

Q.転職エージェントの面談は何回でもできますか

A.type女性の転職エージェントでは、選考状況の必要に応じて複数回の面談をすることもあります。転職の悩みや困りごとなど相談ができるので、面談ではなくとも解決できることもあります。

まとめ

転職エージェントに登録してから入社までの流れとポイントを紹介しました。転職エージェントを活用すると転職のサポートや独自の情報提供などのメリットもあるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

type女性の転職エージェントでは、女性のキャリアや転職支援を行っています。キャリアイベントの多い女性にとって、最適なキャリアのアドバイスや求人の提案をしています。転職のお悩みや不安は、type女性の転職エージェントにご相談ください。

関連記事:type女性の転職エージェントの特徴

人気記事ランキング
Page Topへ