【20代必見】未経験転職を成功させるコツ!挑戦しやすいおすすめの業界・職種を紹介

更新日:2024.07.05

この記事のまとめ

  • 20代はほかの年代よりも未経験転職を成功しやすい。
  • 20代前半の求職者には今後の成長を見込んでの「ポテンシャル採用」が期待されることが挙げられる。
  • 社員の育成に注力している企業であれば、スキルや知識が少ない状態で入社をしても、戦力として活躍できる人材になれるまで、しっかりとサポートしてもらえる可能性が高い。

「本当にやりたい仕事に挑戦したい」「今とは違う業界で働いてみたい」と考えている方に向けて、転職を成功させるための7つのコツや注意点、キャリアチェンジしやすい業界・職種について紹介します。

20代は、ほかの年代よりも、未経験の業界・職種に転職しやすい傾向にあります。今回は、20代の未経験転職の実態や、比較的転職を成功しやすい理由についてデータ付きでまとめました。

未経験でのチャレンジは、同職種・同業種の転職よりも、より綿密な準備・対策が必要になるので、ぜひチェックしてみてください。

 

監修者:黒田 恵実
監修キャリアアドバイザー
黒田 恵実
アパレル業界の販売職として、店長経験を経て、SVとして約5店舗の売上管理・マネジメント・店舗運営に従事。たくさんのお客様に関わってきた経験から、今後は人生の選択肢をサポートできる人になりたいと思いtype転職エージェントへ。現在は、営業領域の専任のキャリアアドバイザーとして転職支援を行っている。

【実態】20代は未経験の業界・職種へ転職しやすい

【実態】20代は未経験の業界・職種へ転職しやすい

厚生労働省が公表する「-令和4年雇用動向調査結果の概況-」の年齢別入職率によると、20代は30代や40代と比べると、転職しやすい年齢だといえます。「入職率が高い=企業が積極的に採用している状態である」ことが想定されます。

年齢 入職率
20~24歳 14.7%
25~29歳 14.1%
30〜34歳 14.0%
35〜39歳 10.7%

type女性の転職エージェントが保有している「経験者募集求人」と「未経験者可」の求人数を算出した結果を見てみましょう。

【年齢別】未経験求人と経験求人の割合

23歳・24歳をターゲットとした未経験可の求人の割合は40%前後となっています。25歳では32%、26歳では30%とやや割合は低くなりますが、23〜24歳をターゲットしている求人よりも全体数が多いため、その分だけ未経験可の求人数も増加していることが分かります。

なにより20代中盤を採用ターゲットとした求人の数がほかの年代よりも多いので、女性が現職と異なる業界・職種への転職を目指すなら、この年代がもっとも適した時期といえるでしょう。

関連記事:20代女性のための転職成功ガイド|人気職種と成功体験談を紹介

関連記事:キャリアチェンジとは? メリットデメリットやタイミングを解説

 

20代が未経験転職を成功しやすい理由

「20代はほかの年代よりも未経験転職を成功しやすい」と解説しましたが、なぜこの年代は、未経験転職が有利に働くのでしょうか。

 その理由として、20代前半の求職者には今後の成長を見込んでの「ポテンシャル採用」が期待されることが挙げられます。 実務経験が少なくとも、入社意欲の高さや伸びしろに期待し、採用する企業が多いのです。

一方で、20代中盤から後半の女性が転職しやすい理由は、社会人としての基礎スキルが身に付いているからだといえます。

ある程度の現場経験を積んでいる方が多いため、採用企業側は応募者に対して、これからの管理職候補として、専門スキルやマネジメント力の向上といったことを期待しています。

 

20代が未経験の業界・職種への転職を成功させる7つのコツ

20代が未経験の業界・職種への転職を成功させる7つのコツ

20代は転職を成功しやすい年代ですが、未経験の業界・職種へ転職する場合は、いくつかコツを押さえておく必要があります。ここでは、7つに分けて未経験転職のコツをご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

1. 前職のスキルや自分の強みが活かせる職種を選ぶ

未経験転職を目指すなら、前職で培ったスキルや経験を活かせる業種や職種を選択すると、採用される確率が高くなります。たとえば、販売職で培ったコミュニケーション能力を活かして、営業職に転職するのであれば、まったくの未経験者に比べると、即戦力として活躍できることが期待されるため、成功しやすくなるでしょう。

 一般的に目標を達成した経験や業務改善した経験などはどの職種においても、活かしやすいため、積極的にアピールすると良いかもしれません。 

2. 転職理由を明確にしてポジティブな言葉に言い換える

経験者と比較し、即戦力としての活躍が見込めない20代の未経験者を採用する場合、求職者のポテンシャルや入社意欲を評価基準に設ける傾向にあります。こうした観点から採否を決断するため、「事務職として働いてみたいから」「手に職をつけたいから」といった曖昧な気持ちで応募をすると、その姿勢が企業側へ伝わってしまうでしょう。

具体的な数字やアクションを用いて実現したい目標を伝えることで、やる気が伝わり、未経験者でも採用される可能性が高くなります。たとえば、「社内ではその職種への異動が出来なかった」「自己学習に取り組んでいて〇月の資格試験に挑戦する」などを伝えると良いでしょう。

 企業の採用担当者は、求職者に対して、なぜキャリアチェンジを希望しているのかが気になっているはずですので、疑問を払しょくできるように伝えることがポイントです。 

3. 転職後のキャリアビジョンを具体化する

未経験の職種や業種への転職を目指す際は、「なぜその業界・職種へのキャリアチェンジを希望するのか」を必ず面接で聞かれます。 業界や職種について深く理解するのはもちろんですが、自身のキャリアビジョンと一貫性を持たせることで、説得力のある回答ができるでしょう。 

キャリアビジョンとは、働き方や仕事などキャリアにおける理想像のことを意味します。キャリアビジョンが曖昧だと、転職活動の方向性が定まりにくく、入社後に理想と現実のギャップによって早期退職に繋がる恐れがあります。

例えば、「3年後にはチームリーダーとして売り上げトップになり、5年後は課長になる」「エンジニアのスキルを高めて、将来的に結婚や出産などを迎えても働き続けたい」など、自分が働く上で成し遂げたいことを明確にしておくと良いでしょう。

3年後、5年後の未来をイメージし、そこから逆算して必要なスキルや経験を洗い出し、いつまでに何をするべきかといった計画を立ててみてください。

4. 条件に優先順位をつける

転職を決意した場合、「事務職として働きたい」「手に職をつけたい」「年収アップしたい」「リモートで働きたい」など叶えたい希望がいくつかあるのではないでしょうか。しかし、叶えたい希望をすべて満たせる転職先を探すのは非常に困難です。

希望の条件を明確にして優先順位をつけておけば、効率よく転職先の候補を見つけられるでしょう。「絶対に譲れない条件」をクリアした企業へ転職できるので、入社後のミスマッチを防げるメリットもあります。

 希望の条件をすべて紙に書き出して、優先順位の高いものから番号をつけていくと、自分が転職先に求める条件が明確になります。 また同時に「残業は30時間までならOK、企業規模はこだわらない」というように許容できる範囲も明確にしておけば、自分に合う求人を見つけやすくなるでしょう。

5. 企業や業界のリサーチを徹底的に行う

企業や業界のリサーチを徹底しておけば、入社後のミスマッチを防げます。 企業や業界について深く理解しないまま、「事務職=残業がない」「エンジニア=在宅ワーク」など、曖昧なイメージだけで、転職先を選んでしまうと、入社してから後悔する可能性が高まるでしょう。 

また、キャリアチェンジの場合、なぜ志望先の業界(職種)を選んだのかを聞かれることが多いため、十分に調べておく必要があります。

単にリサーチするだけではなく、実際に志望先の業界や職種への理解を深められる資格の勉強をしてみて、自分に合うのか確かめるのも1つの手です。たとえば、エンジニアを目指す場合は、自分で言語を学んでみたり、マーケティング職なら分析をしてみたりすると意欲の裏付けとして役立つでしょう。

6. 在職中に転職先を見つける

未経験の職種への転職を目指す場合は、納得のいく転職先がなかなか見つからず、転職活動が長引く恐れがあるため、在職中に行いましょう。

 退職してから転職活動を開始する場合、収入が一時的に途絶えるため、その焦りからミスマッチな転職先を選んでしまう可能性があります。 在職中であれば安定した収入を得ながら、転職活動を進められるので、収入面での焦りを感じることがありません。

また、無職である期間が長期化すると、面接でブランク期間は何をしていたのか説明を求められたり、仕事へのモチベーションを不安視されたり、選考で不利になることもあります。

さまざまな求人を見たうえで、今の職場の良さに気づき、「現職に残る」という選択肢を取ることもできるので、在職中に転職活動を開始して転職先を見つけましょう。

7. 転職エージェントを活用する

比較的転職経験・回数が少ない20代の求職者が未経験の業界・職種への転職を目指すなら、プロのキャリアアドバイザーのサポートを受けた方が良いでしょう。

転職エージェントに登録をすると、キャリアアドバイザーに無料でキャリアに関する相談をすることができます。 具体的には、「未経験でも転職できるのか」「その業界・職種は自分に合っているのか」「転職先で自分のスキルや経験を活かして企業に貢献できるのか」などさまざまな悩みに対して、的確なアドバイスを受けられます。 

キャリアアドバイザーにキャリアの相談ができるほか、下記のようなメリットも得られるため、積極的に活用しましょう。

  • 自分では気づかなった強みや適性が分かる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 求人情報だけでは知り得ない情報を入手できる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策が受けられる
  • 選考の日程調整や条件交渉などを代行してくれる

関連記事:転職エージェントのデメリット4選|メリットや利用がおすすめな人も解説!

 

20代が未経験の転職先を選ぶポイント

20代が未経験の転職先を選ぶポイント

20代が未経験の業界・職種への転職を目指す方には、転職先の選び方を押さえておくことをおすすめします。転職先を選ぶ際のポイントをチェックしておけば、自分にあう業界・職種であるか判断できたり、転職活動がスムーズに進んだりといったメリットを得られるでしょう。

未経験者を積極的に採用している企業を選ぶ

転職先を探す際には、未経験の人材を幅広く採用している企業であるかをチェックした方が良いでしょう。採用される確率が高まることに加え、入社後の受け入れ体制が整っており、研修制度が充実している傾向にあるからです。

 

 社員の育成に注力している企業であれば、スキルや知識が少ない状態で入社をしても、戦力として活躍できる人材になれるまで、しっかりとサポートしてもらえる可能性が高いです。 

下の画像のようにキーワードの絞り込み検索ができる求人サイト・エージェントを活用する場合は、「未経験歓迎」などと入力すると、未経験者が活躍しやすい企業の求人を見つけやすくなるでしょう。

未経験求人の検索方法

成長が期待できる・将来性のある職種を選ぶ

これから新たな業界・職種への転職にチャレンジする方は、今後の市場規模の成長や、将来性の高さを重視する必要があります。

たとえば、「IT人材が不足するといわれているから、ITエンジニアになれば将来的にも安定して働ける」などと思わず、じっくりとリサーチすることが大切です。というのも、先に例に挙げたIT人材であれば、「AIエンジニアは将来が明るいけど、サーバーエンジニアの場合はほかのスキルも身につけておかなければ需要が減退する恐れがある」など、新規参入する前に深く調べなければ、転職してから後悔する可能性があります。

また、 将来性のある業界・職種であれば、「競争力を高めるために若手人材を確保したい」と考える企業も多いため、未経験でも採用される確率が高まるでしょう。 20代で転職する場合は、一般的に残り40年ほど働くことになるので、長期的に活躍し続けられる業種・職種を選択した方が良いといえます。

人材不足が深刻化している業界を選ぶ

人手不足が深刻化している業界・職種は、未経験者の転職先としておすすめです。 人材確保のために中途採用のハードルが低く、未経験者でも積極的に採用する傾向にあるからです。 

また、社会情勢の動きによって需要が急激に高まっている業界も、未経験転職に向いているといえるでしょう。具体的には、AIへの代替が難しい高度なコミュニケーション能力や、クリエイティブスキルが求められる職種(企画・開発・コンサルなど)や、高齢者市場をターゲットとした分野(介護・福祉など)は未経験でも採用してもらえる可能性が高いです。

理想的な働き方を実現しやすい業界・職種を選ぶ

未経験の業界や職種への転職を目指す場合、採用の難易度を重視してしまう傾向にあります。ここまで解説してきた内容も、採用のハードルの低さに注目したものが多くありました。

もちろん、ハードルの低い業界・職種を選択することも重要ですが、転職後に理想の働き方ができるのかといった点もしっかりと吟味する必要があります。 せっかく内定を獲得できても、理想とかけ離れた企業を選んでしまったり、理想のライフスタイルを実現できなかったりすれば、早期離職に繋がる恐れもあるでしょう。 

入社後のミスマッチを起こさないためにも、理想の働き方やキャリアビジョンを叶えられるのかを十分に比較検討してみてください。

離職率の低い職種・企業を選ぶ

経験のない業界・職種の転職先を探す際には、離職率の低さをチェックしましょう。「離職する人が少ない=従業員が長く働きたいと思える職場」である可能性が高いからです。

具体的には、人間関係が良好であったり、人事評価制度が整っていたり、福利厚生が充実している傾向にあり、こうした会社は多くの人が働きやすいと感じる環境だと言えるでしょう。

同業種・同職種への転職なら、これまでの経験を頼りにある程度注目すべきポイントがわかりますが、キャリアチェンジの場合は比較すべき項目が検討もつかないことがよくあるので、社員の働きやすさに着目すると良いでしょう。

 企業の公式ホームページの採用ページや、IR情報にて、離職率を確認することができます。 併せて、社員や元社員の口コミサイトやSNSなどを利用して、社内のリアルな情報を調べることも推奨します。

 

【20代必見】未経験転職におすすめの業界・職種

20代の未経験転職を目指す方に向けて、おすすめの業界と職種についてそれぞれご紹介します。

おすすめの業界

ここでは、市場規模が拡大しており、需要に対する人材不足が不安視されている業界を紹介します。未経験からチャレンジする転職先としておすすめの業界と、選定理由を下記にまとめました。

業界 選定理由
IT業界 2030年には約79万人のIT人材が不足すると推定されているため
エンタメ業界 スマホゲームや動画配信サービス、SNSなどの市場規模が拡大傾向あるため
建設業界 国が国土強靱化(ナショナル・レジリエンス)の取り組みを推進しているため
EC業界 食品や日用品などECサイトの利用者が増加傾向にあるため
医療業界 人間が生きていくうえで無くてはならない業界であるため

高齢化や医療技術の発展によりニーズが増加傾向にあるため

介護・福祉業界 高齢化が加速し、要介護者が増加するため
運輸・物流業界 宅配便の取扱個数の増加が著しく、市場規模が縮小しにくいため

出典:経済産業省「- IT 人材需給に関する調査 -」
出典:総務省「オンラインによる番組・イベント配信の増加」
出典:経済産業省「令和4年度 電子商取引に関する市場調査」
出典:厚生労働省「介護人材の確保について」
出典:国土交通省「令和4年度 宅配便・メール便取扱実績について」

上記の業界は、 どれも普段の生活と密接に関わりがあり、市場規模が縮小しにくい特徴があります。 たとえば、IT業界はインターネットが普及し、オンラインでのやり取りが当たり前になった現代において必要不可欠な業界となりました。AIに代替されない・生きていくうえで無くてはならない業界であれば、需要が尽きることはないでしょう。

「需要が高い=人材が必要」であるため、未経験者の採用にも積極的な傾向にあります。

おすすめの職種

未経験での転職先としておすすめの職種をご紹介します。

  • 営業職
  • マーケティング職
  • ITエンジニア職
  • 介護・福祉職

高いコミュニケーション能力が求められる仕事が多く、AIに代替されない職種だといえます。

また、需要が高い業界の仕事をまわすうえで欠かせない職種が多いことも特徴です。例えば、ITエンジニアの存在がなければ、IT業界が成り立たないので、エンジニア職の需要は今後も高まることが予測されます。

今回ご紹介した「未経験からチャレンジしやすい業界・職種」はごく一部です。実際には数多く存在するので、求人サイトの求人票を見てみたり、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談をしたりして視野を広げてみましょう。

 

20代が未経験の職種への転職をする際の注意点

20代が未経験の職種への転職をする際の注意点

20代が未経験の業界・職種へ転職をする際には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。ここでは、転職活動が難航したり、入社してから後悔したりしないために2つの注意点についてご紹介します。

企業の採用ターゲットにマッチしていなければ内定を獲得できない

企業によって採用ターゲットが異なり、20代前半の新卒や第二新卒の求職者を積極的に雇用したいケースもあります。

転職は年齢があがるにつれて難しくなるので、未経験転職を希望する方は少しでも若いうちに転職活動を開始しましょう。

とくに、「ここで働きたい」という企業が明確に決まっている場合は、その企業がどの年代を採用ターゲットとしているのか確認する必要があります。

また、 企業の採用ターゲットには年齢だけではなく、特定のスキルや経験、資質なども含まれるため、どのような人材を求めているのかを求人票や企業の公式ホームページの採用ページなどで十分に確認しましょう。 

年収が下がる可能性がある

業界・職種によって年収水準や、年収の上がり幅が異なるため、現職の給料が高い場合は年収が下がる可能性があります。 とくに未経験転職は年収が下がる確率が高いので注意が必要です。 

type女性の転職エージェントを通じて転職活動をされた、20代女性の転職者データによると、エンジニアの24歳の平均年収は380.3万円であるのに対し、販売サービス業で働く方の平均年収は314.3万円となっています。エンジニアから販売サービス業界への未経験転職をした場合、年収が66万円も下がってしまいます。

2022年度版 20代女性の職種別の年収データ

つまり、現職で年収が比較的高い、エンジニアや営業、企画管理などの業界・職種で働いている場合は、大幅な年収ダウンも考えられるので、収入面も考慮しながら検討しましょう。

「年収が下がっても問題ない」「やりがいを重視したい」といった背景があれば、入社後のミスマッチは起こりにくくなるでしょう。

未経験転職で年収アップを目指す方は、人材不足が深刻化している業界の営業職を目指すと良いかもしれません。

関連記事:20代女性の平均年収ランキング(2022年度版)

企業研究をしっかり確認する

人材不足に陥りやすい業界や職種は、一人当たりの労働時間が長くなる傾向にあり、なかには、残業や休日出勤を求められたり、有給休暇を取得しにくかったりする企業もあります。

 入社後のミスマッチを減らすためには、企業研究を十分に行い、働きやすい環境であるか確認しておきましょう。 

企業研究では、ビジネスモデルや企業の強み、業界内での立ち位置などの基本項目はもちろんのこと、その企業で働く社員の雰囲気や社風、業務の進め方まで確認することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、企業の内部情報を知り得ているキャリアアドバイザーが求職者にとって必要な情報を共有してくれる可能性があるので、積極的に活用しましょう。

未経験転職に不安がある方はtype女性の転職エージェントを利用しよう

未経験転職に不安がある方はtype女性の転職エージェントを利用しよう

未経験の業界・職種への転職を考える上で、「実際に働いている人が周りにいないから、どのような仕事をするのかよく分からない」「自分に合わなかったらどうしよう」など、さまざまな不安や悩みを抱えるものです。転職エージェントを利用すれば、無料で手厚いサポートを受けられるので、悩みや不安をその都度解消しながら転職活動を進められます。

 type女性の転職エージェントでは、キャリア相談をはじめ、求人のご紹介や、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、企業との日程調整まで幅広くサポートします。 

 

女性の転職支援における実績が豊富であるため、女性ならではのお悩みに寄り添い、サポートできることが強みです。

結婚や妊娠などのライフイベントを考慮したキャリアをご提案いたします。どのようなキャリアを描けば良いのか迷われる方は、type女性の転職エージェントをご活用いただき、将来像を明確にしましょう。

 

20代の未経験転職に関するよくある質問

20代の未経験転職に関するよくある質問

20代の未経験転職に関するよくある質問に対して、Q&A形式で回答いたします。業界における転職動向や、有利になる資格、年齢に関することについて解説するので、気になる項目があればぜひチェックして疑問や不安を解消しましょう。

宅建を取得すれば不動産業界へ未経験転職できる?

 宅建(宅地建物取引士)を取得していることで、不動産取引の専門知識を有しているという証明になるので、転職の際に有利に働くでしょう。 

なお、不動産業界では、事務や営業、管理、仕入れ・企画開発などの職種があり、なかでも営業職は学歴や年齢問わず、未経験でも転職しやすい傾向にあります。

一般財団法人 不動産適正取引推進機構のデータによると、平成5年度末から令和4年末の29年間で、宅地建物取引士に占める女性の割合は、1.47倍に増加していることが明らかになっています。

簿記2級を取得している人におすすめの未経験転職先は?

簿記2級を取得している20代であれば、経理職への転職がおすすめです。ただし、 経理職は実務経験が重視される傾向にある ため、未経験者は企業側が求める人材像に合致する人物であることをアピールしたり、書類添削や面接対策を綿密に行ったりして戦略的に転職活動を進める必要があります。

システムエンジニア(SE)は未経験でも転職できる?

これまでエンジニア職は、未経験者を積極的に採用する傾向にありましたが、ここ数年で転職市場に変化が見られ、「経験年数1年以上」「アプリ開発の経験」などが求められるようになりました。

システムエンジニア(SE)も例外なく、 まったくの未経験者が転職を目指すのは、比較的ハードルが高い ので、先に副業やオンラインスクールなどでスキルを身につけた方が良いかもしれません。

20代がゲーム業界へ未経験転職することは可能?

転職しやすい年齢層である20代であっても、未経験でゲーム業界に転職するのは比較的難しいでしょう。

ゲーム業界はスキルや実務経験を重視する傾向にあるため、まったく経験がない状態では難しいのが実情です。一般的に求人に応募する際には、ポートフォリオ(自身の制作物をまとめた作品集のようなもの)の提出が求められるため、アピールできる技術や実績を作ってから転職することをおすすめします。

転職は何歳から厳しい?

厚生労働省が公表する「-令和4年雇用動向調査結果の概況-」の年齢階級別転職入職率によると、34歳以降の入職率が著しく低下していることが見て取れます。 30〜34歳の入職率は、14.0%であるのに対し、35〜39歳には10.7%まで下がります。 

また、type女性の転職エージェントが有している求人の数を年齢別に比較した結果、30歳をピークに求人数が減少していることが明らかになりました。

つまり、30歳以降の難易度が高くなるため、転職を希望する場合は、なるべく早く行動に移した方が良いでしょう。

関連記事:30代女性転職成功のポイント・後悔するパターンとは?

未経験の転職は早い方がいい?

一般的に未経験の業界・職種への転職は、早い方が有利といえます。

20代の社員はポテンシャルが高く、新しい知識やスキルを素早くインプットし、未経験であっても比較的早く戦力として活躍できる傾向にあるからです。

高卒の20代が未経験の職種へ転職するのは難しい?

「大卒」を応募条件にする企業も多く、応募できる求人数が少なくなることから、大卒者の20代より難易度が高くなります。しかし、学歴に関係なく、幅広い人材を求める企業もあるので、そういった求人をターゲットとして応募すると未経験でも転職を成功できるでしょう。

転職エージェントに登録することで、「求職者のスキル」と「企業の求める人物像」がマッチしていれば、公開求人に加え、非公開求人も紹介してもらえる可能性があります。選択肢を広げて、より綿密な対策を講じるためにも転職エージェントのサポートを受けることを推奨します。

 

まとめ

20代は30代や40代などほかの年代と比べて、未経験の業界・職種への転職を成功しやすい傾向にあります。ただし、未経験から新たな道へ挑戦する場合は、同職種・同業種での転職よりも、より綿密な準備・対策が必要です。

転職で叶えたいことを整理したり、書類や面接の準備をしたりと転職活動は、やるべきことが多く、自分ひとりで進めるのは大変ですので、転職エージェントのサポートを受けた方が良いでしょう。

type女性の転職エージェントでは、年間10,000名以上※の転職希望者に対し、キャリアカウンセリングを実施しているため、女性の転職に関するさまざまなノウハウを保有しています。実際に転職を経験した子育て中のキャリアアドバイザーが多く在籍しており、女性ならではのライフイベントを考慮したキャリアのご提案を強みとしています。

結婚や妊娠なども考えたうえで新たな業種・職種へチャレンジしたい方の気持ちに寄り添ったサポートを行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

※2022年度の実績
関連記事:type女性の転職エージェントの特徴

 

人気記事ランキング