転職エージェントの選び方~自分に合った転職エージェントを選ぶコツ

更新日:2023.12.21

転職エージェントの選び方~自分に合った転職エージェントを選ぶコツ

更新日:2023.12.21

転職エージェントを利用して転職活動を始めようとしても、数多くの転職エージェントがあり、どこを使っていいのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

本記事では、転職エージェントを比較する際にチェックすべきポイントや、自分に合った転職エージェントの選び方を解説します。転職エージェントを利用するメリット・デメリットや活用方法についても紹介するので、転職エージェントを利用する際の参考にしてください。

監修者:高橋透
監修キャリアアドバイザー
前職は飲食店店長として、店舗運営・マネジメント・採用・教育などを一通り経験。 人材業界のビジネスモデルに共感を覚え転職を決意。 キャリアアドバイザーを選んだのは人と話すのが好きなこと、そしてこれまでのサービス業の経験など、自分の強みをフルに活かすことができる仕事だと感じたから。

転職エージェントを比較する際のチェックポイント

転職エージェントを比較する際のチェックポイント

厚生労働省の「令和3年度職業紹介事業報告書の集計結果」によると、転職エージェントは全国に24,000社以上あります。数多くの転職エージェントがある中で、どのように利用する転職エージェントを見つければいいのでしょうか。利用する転職エージェントを比較する際のチェックポイントを紹介します。

転職エージェントの種類

転職エージェントは、大きく分けて「総合型」と「特化型」があります。総合型と特化型はそれぞれ強みや特徴が異なるので、併用するならそれぞれ1社ずつ選ぶのがおすすめです。

総合型は、幅広い業種や職種の求人情報を取り扱っているため、多種多様な求人を紹介してもらえるところが特徴です。初めての転職や方向性が定まっていない人に向いています。

特化型は、特定の業種や職種、スキル、エリアなどに特化した求人情報を取り扱っているため、専門的な知識やノウハウがあり、高いマッチング精度に強みを持っています。特定の分野での転職を考えている人や、専門的なアドバイスを求める人に適しています。

type女性の転職エージェントは、女性の転職に特化した特化型転職エージェントです。女性ならではのキャリアの悩みや女性の働きやすい会社の求人情報に強みがありますので、ぜひご相談ください。

求人数

求人案件数が多いと選択肢も増えるため、転職エージェントを比較する際は求人数もチェックします。各社どのくらい求人数を保有しているのかは、Webサイトを見ればわかりますが、転職エージェントにはWebサイト上に掲載していない「非公開求人」やそのエージェントでしか応募できない「独占求人」があります。type女性の転職エージェントもサイトに掲載している求人は保有している求人の一部です。

また単純に求人数の多さだけではなく、自分が希望する職種や業界の求人がどのくらいあるのかを確認するといいでしょう。転職エージェントによって、得意な領域や地域などが異なる場合があるからです。

サポート内容

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談、求人の紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などの転職のサポートをしています。転職エージェントによって力を入れている領域が異なるため、「イメージしていたサポート内容と実際のサポート内容に乖離があってがっかりした」ということも。

「初めての転職だからサポートが手厚いところがいい」「キャリアの方向性も含めて面談をお願いしたい」「面接が苦手だから面接対策に力を入れているところがいい」など、ニーズに合わせて選ぶことをおすすめします

プライバシーマークの有無

プライバシーマークは、第三者機関が厳しい基準で個人情報の取り扱いをチェックし、その基準を満たしている企業に交付されます。個人情報を適切に取り扱っているプライバシーマークを取得している転職エージェントを選ぶと安心です。

type女性の転職エージェントは、プライバシーマークを取得しています。徹底した個人情報の管理はもちろんのこと、求職者本人の許可なく企業への情報提供はしていません。登録者の情報を各企業が閲覧できるサービスではないため、転職活動中であることが現職に知られてしまう心配がないので、安心してご相談ください。

キャリアアドバイザーとの相性

常にやり取りをしながら転職活動を進めていくので、キャリアアドバイザーとの相性は重要です。キャリアアドバイザーの得意な領域や性格は人それぞれなので、あなたが求めているサポートと合っていない可能性もあります。自身の希望にマッチした職種や領域のキャリアアドバイザーが在籍しているのか確認しておくといいでしょう。

自分に合った転職エージェントの選び方

自分に合った転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ時の比較ポイントについて紹介しました。比較ポイントを押さえつつ、自分に合った転職エージェントを選ぶためには、これから紹介する2つのコツを押さえておくといいでしょう。

転職活動の希望を考える

いつまでに転職をしたいのか、どのようなサポートを受けたいのか、転職に対して不安なことは何かなど、転職活動の希望を考えてみましょう。自分に合った転職エージェントを選ぶためには、どのような転職活動の進め方が理想なのかを考えることが大事です。

スピード感を重視するのであれば、レスポンスの早いキャリアアドバイザーが良いですし、キャリアについて相談してから進めたいのであれば、じっくりと話を聞いてくれるキャリアアドバイザーが合っています。このように一人ひとり希望やニーズが異なるので、自分のニーズを明らかにしてそれに合った転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは複数社利用しても問題ないので、2、3社登録して実際に使ってみて自分に合っているか選ぶのがいいでしょう。何社か面談を受けてみて、最終的に1、2社に絞る人が多いです。

自分のニーズや希望に合った転職エージェントをいくつか選び、キャリアアドバイザーと面談をして相性を見てから、最終的に使う転職エージェントを決めるのがおすすめです。複数社を利用するメリットなど詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事:転職エージェントを併用するメリット・デメリットを解説!掛け持ちの注意点とは?

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントの選び方を紹介してきました。この記事をお読みの方には、転職エージェントの利用を検討されている方もいらっしゃると思うので、転職エージェントのメリットとデメリットも紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

転職のサポートが充実している点が挙げられます。初めての転職やキャリアに悩んだ際に、キャリアアドバイザーに相談ができ、適切なアドバイスをもらえます。履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などのサポートも充実しており、選考の通過率を高める的確なアドバイスを受けられます。

キャリアアドバイザーが経歴やスキルなどキャリアの棚卸しをするので、自分では気付かなかった強みや適性に気づくことも。面談で伝えた内容をもとに、自分に合った求人を紹介してくれるので、自分では見つけられなかった意外な求人に出会える可能性もあります

また転職エージェントは企業の情報を詳しく把握するため、企業の人事と密に連絡を取り合っています。求人票には記載されていない「残業時間」や「職場の雰囲気」などの実情を把握しているので、キャリアアドバイザーを通じて気になる情報を確認できます

転職エージェントを利用するデメリット

反対に転職エージェントを利用するデメリットとしては、応募できる求人がキャリアアドバイザーが紹介した求人に限られることや、サポート期間が決まっている場合があることが挙げられます。長期的に転職を考えている方やいいところがあれば転職したいという方にとっては、ペースが合わない可能性もあるかもしれません。

関連記事:転職エージェントのデメリット4選|メリットや利用がおすすめな人も解説!

転職エージェントを活用する方法

転職エージェントを活用する方法

転職エージェントを利用したいと思った時に、最大限利用するためのポイントを紹介します。転職エージェントを利用する時の参考にしてみてくださいね。

本音で話す

キャリアアドバイザーには、本音を伝えてください。転職理由などネガティブな内容でも構いません。取り繕った理由や本音を隠した希望などを伝えると、そのまま転職活動が進み、希望と異なった求人の紹介や転職後の不満に繋がります。条件を満たす求人の紹介が受けられず転職活動が思うように進まないこともあるので、キャリアアドバイザーには本音を話しましょう。

また自分を良く見せようと虚偽や嘘を伝えるのはNG。経歴詐称など虚偽の情報を伝えたまま選考が進んでしまうと、内定取り消しや解雇、転職支援サービスを受けられなくなる可能性があります。

関連記事:転職エージェントとの面談は本音で話した方がいい理由と注意点

書類添削や面接対策を受ける

転職エージェントを利用するメリットでも紹介した応募書類の添削や面接対策を活用しましょう。転職エージェントは独自のノウハウがあり、書類選考や面接の通過率を高めるコツを知っています。

判断は自分でする

キャリアアドバイザーがアドバイスや求人の提案などをしてくれます。複数社使っていると、それぞれの観点から違う内容のアドバイスをもらうこともあります。全く違う方向性のアドバイスを受けて困ってしまうこともあるかもしれませんが、決めるのは自分です。転職の軸を決めておいて、自分で判断することが転職エージェントを活用する上で重要です。

関連記事:転職エージェントの賢い使い方!選び方の基準や利用の流れも解説

type女性の転職エージェントが選ばれる理由

type女性の転職エージェントが選ばれる理由

type女性の転職エージェントは、多くの女性のキャリア支援を行ってきました。選ばれる理由を紹介します。

年間10,000名以上の女性の転職支援実績

type女性の転職エージェントでは、年間10,000名以上(2022年度実績)の女性転職者希望者へのキャリアカウンセリングにより、女性の転職に関するさまざまなノウハウを持っています。女性ならではのライフイベントを考慮したキャリアの提案が強みです。

関連記事:type女性の転職エージェントの特徴

手厚い転職支援サポート

専任のキャリアアドバイザーが転職活動を最後までサポートします。面談でのキャリアの棚卸しや強みの発見、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、転職活動のサポートを行っています。

type女性の転職エージェントでは、事前によくある質問の共有や回答を一緒に考えたり、模擬面接を実施したり、面接対策に力を入れています。初めての転職や面接に不安のある方は、ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事:type女性の転職エージェントの面接対策とは?

経験豊富なキャリアアドバイザー

type女性の転職エージェントは女性ならではの転職の仕方を熟知しています。得意の領域に分かれているので、経験職種や希望条件にマッチしたキャリアアドバイザーが担当します

キャリアアドバイザーは、女性も多く、実際に転職を経験しているアドバイザーや子育て中のアドバイザーなどが在籍しており、気持ちに寄り添ったサポートをしています。
type女性の転職エージェントの在籍キャリアアドバイザーは「キャリアアドバイザー一覧」からご確認ください。

まとめ

転職エージェントを比較する際のチェックポイント、自分に合った選び方のコツ、転職エージェントのメリット・デメリット、転職エージェントの活用方法について解説しました。数多くの転職エージェントから自分にあった転職エージェントを利用して、転職を成功させましょう。

人気記事ランキング
Page Topへ