転職エージェントの活用法~メリットや登録時期なども解説!how_to_use

更新日:2021.08.20

転職エージェントの活用法~メリットや登録時期なども解説!

更新日:2021.08.20

初めての転職はわからないことばかりで、悩みや不安も多いもの。「転職したいけれど、何から始めればいいの?」「たくさんの求人情報からどうやって自分に合う会社を選べばいい?」といった疑問が多すぎて、なかなか転職活動がスムーズに進まない人も多いようです。

そんなときに頼りになるのが転職エージェントです。求人の紹介はもちろん、将来のキャリアに関する相談から面接対策まで、転職について幅広いサポートが受けられます。そこで本記事では、転職エージェントの活用法を詳しく解説します。

監修者:坂本 麻奈実
監修キャリアアドバイザー
前職ではブライダルジュエリーの専門店で店長を経験。転職を考えたのは、ビジネスパーソンとして今後も社会で活躍できる女性でありたいと考えたから。一生に一度の結婚のお手伝いという職からより相手の人生に関わる深いサポートを行いたいと、キャリアアドバイザーへ転身。店長として店舗スタッフをマネジメントしていた経験から販売サービスの分野に特化したキャリアアドバイザーである。

転職エージェントとは?What is a job change agent

転職エージェントとは?

転職エージェントとは「転職を希望する人」と「人材を募集している企業」をマッチングする人材紹介サービスの一つです。転職やキャリアに関する相談から求人の紹介、応募企業への応募手続きや日程調整、面接対策など、転職活動に際して幅広いサポートを受けることができます。

また転職エージェントは企業からコンサルティング料を受け取ることで成り立っているサービスなので、転職希望者が相談料や利用料を支払う必要はありません。無料で相談できる安心感も転職エージェントの特徴です。

関連記事:転職エージェントとは?

転職エージェントを利用するメリットMerit

① キャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリング

転職のプロであるキャリアアドバイザーから個別のカウンセリングを受けられるのが最大のメリットです。転職希望者の情報と求人情報をただ機械的にマッチングするのではなく、まずはキャリアアドバイザーが面談を行って、これまでの経歴の棚卸しや希望する仕事や働き方などをていねいにヒアリングします。こうして本人の適性や強みを把握するからこそ、その人に最適な求人を紹介することができるのです。第三者に話を聞いてもらうことで、本人も気づかなかった適性や強みが見つかることも多く、より広い視野で本当に自分に合った転職先を探すことができます。

関連記事:転職エージェントの面談とは?

② 独自の求人情報

自分で転職先を探す場合は、転職サイトや企業の採用ページなどに掲載されている求人情報から選ぶことになるでしょう。でも企業が行う求人は、それだけではありません。実はWeb上には掲載せず、非公開のまま募集を行うケースが数多く存在します。

こうした「非公開求人」の多くは、転職エージェントを通じて採用が行われます。よって転職エージェントを活用すれば、自分一人では見つけることができない求人情報にも出会えます。またキャリアアドバイザーは企業の採用に関する最新動向や選考の傾向などを把握しているため、応募要項を読むだけではわからない詳細な情報を知ることができるのもメリットです。

③ 応募書類の添削や面接対策

転職エージェントでは、応募書類の作成や面接対策についてアドバイスも受けられます。「うまく自己PRができない」「転職理由や志望動機が整理できない」といった転職活動の悩みも解決することが可能です。厳しい選考基準の中で書類選考や面接の通過率を高めるためのノウハウを得られるので、転職の成功確率を高められるのが大きなメリットです。

関連記事:type女性の転職エージェントの面接対策とは?

転職エージェントを利用した転職活動の流れFlow

転職エージェントを利用した転職活動の流れ

転職活動の流れそのものは、転職エージェントを利用した場合も一般的な転職と基本的に変わりません。ただし要所でキャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けられるのが大きな違いです。

例えばtype女性の転職エージェントを利用した場合は、次のような流れで転職活動を進めることになります。

①登録

転職エージェントのサービスを利用するには登録が必要です。ホームページから必要な情報を記入すれば、簡単に登録ができます。

②キャリアカウンセリング

専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリングを行います。1対1でじっくり話を聞きながら、これまでの経歴やスキルの棚卸しをしたり、転職で叶えたいことを整理したり、将来のキャリアプランを作成したりします。また転職のタイミングや、転職に関する不安や疑問点などを相談することもできます。

なおキャリアカウンセリングはあくまで「面談」であって、「面接」ではありません。キャリアアドバイザーが転職希望者を理解するために話を聞く場なので、転職やキャリアについて気になることや知りたいことがあれば、ざっくばらんに何でも話すことをお勧めします。

③求人の紹介

キャリアカウンセリングでヒアリングした内容をもとに、その人に最適な求人を紹介します。一人一人の経歴や希望に応じて、一般には公開されない非公開求人を紹介することもあります。

④応募

紹介された求人の中で気になる案件があれば、応募の手続きに進みます。応募に必要な履歴書や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーがフォローします。 企業が求める人材像を踏まえた書類の書き方をアドバイスしたり、本人が作成した書類を添削したりして、より通過率の高い応募書類に仕上げます。

⑤面接・選考

面接の日程調整はキャリアアドバイザーが行います。転職活動では同時に複数の企業で選考を受けることも多いので、自分で対応する場合は企業の採用担当者とのやりとりに時間や手間を取られますが、転職エージェントを活用すればそうした煩わしい対応は不要です。

また想定質問の作成や模擬面接などの面接対策も行っています。「面接で何を話したらいいかわからない」「志望動機についてうまく答えられない」といった面接に関する不安があれば、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることができます。

⑥内定

企業から内定をもらった後も、キャリアアドバイザーが入社までのプロセスをサポートします。入社日や年収を含めたさまざまな条件の交渉もキャリアアドバイザーが代行します。複数の企業から内定をもらったものの、最終的にどの会社にすべきか迷った場合は、企業選びについてアドバイスも受けられます。また現職を円満退社するためのノウハウも伝授します。

転職エージェントの活用方法How to use

転職エージェントの活用方法

転職エージェントを有効活用するには、いくつかのポイントがあります。より自分に役立つ情報やサポートを提供してもらうために、次の点を心がけるといいでしょう。

どんな悩みや不安も遠慮せずに相談する

転職やキャリアについて悩みや不安があれば、どんなことでも相談してください。「初めての転職で応募書類の書き方がよくわからない」「すでに何社か選考を受けたが、なかなか面接を通過できない」といった転職に関する具体的な悩みはもちろんのこと、「今の会社を辞めるか悩んでいる」「将来のキャリアに漠然とした不安がある」といった段階での相談も可能です。不安に思っていることや困っていることをできるだけ率直に伝えることが、自分に本当に合ったサポートを受けるためのポイントと心得ましょう。

紹介された求人について意見や感想を伝える

キャリアアドバイザーから求人を紹介されたら、自分の意見や感想を積極的に伝えましょう。「この求人は私のイメージに合っている」「これは自分のイメージと違う」といったフィードバックをすることで、キャリアアドバイザーも本人の希望や要望をさらに詳しく把握できるので、より本人にマッチした求人を紹介できます。また転職活動を進めるうちに希望の条件が変化することはよくあるので、こまめに感想を伝えることで、現在の希望と紹介する求人の内容がずれてしまうのを防ぐことができます。

求人票にない情報も聞いてみる

紹介された求人について気になる点があったら、何でも質問してみましょう。キャリアアドバイザーは企業とのパイプがあるので、求人票にはない情報も豊富に持っています。「『女性が働きやすい職場』と書かれているが実際はどうなのか」「『未経験者可』とあるが、本当に未経験者を採用した実績はあるのか」など、疑問や懸念を感じる点について聞いてみることで、より詳しくその企業や職場について知ることができます。

世代別 転職エージェント活用のポイントPoints by age

世代別 転職エージェント活用のポイント

転職市場では世代ごとに採用の傾向が異なります。転職エージェントを活用する際は、世代ごとの採用事情について知っておくとよりスムーズに転職活動を進められます。

20代

20代はポテンシャル採用を行なっている企業も多く、転職先の選択肢が広がりやすい年代です。転職エージェントでも、未経験者がチャレンジ可能な求人を紹介できるケースが多くなります。経験のない業界や職種への転職を希望する人は、キャリアチェンジを成功させるコツについてアドバイスをもらいながら転職活動を進めることができます。

関連記事:20代女性が転職する前に知っておくべきこと

30代

30代は同業界・同職種で実績を積んだ即戦力人材の採用がほとんどです。これまで積み重ねてきたスキルや経験が評価されるのに加え、「転職後に何ができるのか」「入社後に組織に対してどのような貢献ができるのか」も重視されます。またマネジメント経験があると採用選考でも高く評価される傾向があり、さらなるキャリアアップが目指せます。

転職エージェントを活用する際は、「企業のニーズにマッチした自分の強みとは何か」「その強みを活かして今後のキャリアをどのように実現していくか」を相談しながら転職活動を進めるといいでしょう。自分の適性に合った企業を選んで応募することで、即戦力として採用される確率を高められます。

関連記事:30代女性の転職は遅いのか?転職成功のための完全ガイド

40代

40代は即戦力であることに加え、専門性がマッチすることも採用の条件となります。さらに面接では、「組織の方針や風土に合うか」「自分を柔軟に変化させることができるか」も見られます。

入社後に求められる役割を理解した上で、自身のキャリアや強みがその企業に対してどのようなメリットを提供できるか考え、何を武器に内定を勝ち取るのかを戦略的に考えるために転職エージェントを活用するのがお勧めです。

転職エージェント利用時に注意すべきことは?Things to note

本音で伝える

キャリアアドバイザーに伝えることは選考には影響しません。また面談で聞いたことを本人の許可なく企業側に伝えることもありませんので、転職先の希望条件や叶えたいことなどは率直に伝えてください。本音で話さなければキャリアアドバイザーが本人の要望を正しく把握できないため、その人にマッチした求人を紹介できなくなるリスクがあります。

経歴詐称や虚偽の情報は絶対NG

経歴詐称や虚偽の情報が発覚した場合は、企業から内定取り消しを受ける可能性があります。また事実に反する情報が認められた場合は、転職エージェントからサービスの利用を断られることもあります。転職エージェントには必ず事実を伝えるのがルールです。

転職エージェントに関するよくある質問Q&A

Q 「転職エージェント」と「求人サイト」の違いは何ですか?

A 求人サイトを利用する場合は、豊富な求人情報の中から自分で求人を探して応募し、選考の日程調整などもすべて自分で行います。手間はかかりますが、自分のペースで進めることができるメリットがあります。

一方、転職エージェントはキャリアアドバイザーが求人を紹介し、応募や日程調整などを代行します。とくに仕事をしながら転職活動をする場合、手間や負担を減らせるのは大きなメリットとなります。

Q 転職するか決まっていなくても利用できますか?

A 利用できます。type転職エージェントでは「なぜ今の会社ではダメなのか」からヒアリングし、現職を辞めずに続けた方がいいと判断した場合は、転職を勧めないこともよくあります。自分にとってベストなキャリアを実現するためにも、まずは相談してみることをお勧めします。

Q 複数の転職エージェントを利用してもいいですか?

A 問題ありません。自分で直接企業に応募している人やすでに他の転職エージェントを利用している人は、現在の活動状況を伝えてください。現状に合った適切なサポートを提供してもらえます。

まとめSummary

転職エージェントを活用すれば、転職活動に関する幅広いサポートを受けられます。求人の紹介を受けるだけでなく、わからないことや困ったことがあれば、その都度なんでも相談できるのが心強い点です。転職活動について不安な点や疑問点があれば、まずは一度、転職エージェントに相談してみましょう。

いつ転職すべき?
キャリアアドバイザーに相談してみる
合わせて読みたい転職ノウハウ
人気記事ランキング
Page Topへ