面接時にスーツがない場合の女性の服装とは?選び方や対処方法を徹底解説

更新日:2024.02.05

メインイメージ

更新日:2024.02.05

「予想していたよりも早く面接が決まった」「スーツのサイズが合わない」など転職活動におけるスーツでのトラブルにはどのように対処するべきでしょうか。

また、面接時の服装について「私服可」「指定なし」などと記載されている場合は、どのような格好をするのが最適なのか迷ってしまう方もいるでしょう。

本記事では、「転職時にスーツがない場合はどうするべき?」「面接はスーツじゃないとダメ?」といった疑問を解決します。面接用のスーツを持っていない場合の対処方法、服装の選び方、注意点などをまとめているので、参考にしてみてください。

type女性の転職エージェントは、女性の新しいキャリアを提案する転職サービスです。面接時の不安や疑問を解消する情報を発信しています。

監修者:坂本 麻奈実
監修キャリアアドバイザー
【保有資格】国家資格キャリアコンサルタント
前職ではブライダルジュエリーの専門店で店長を経験。転職を考えたのは、ビジネスパーソンとして今後も社会で活躍できる女性でありたいと考えたから。一生に一度の結婚のお手伝いという職からより相手の人生に関わる深いサポートを行いたいと、キャリアアドバイザーへ転身。店長として店舗スタッフをマネジメントしていた経験から販売サービスの分野に特化したキャリアアドバイザーである。

転職面接時にスーツがない場合女性はどのように対処すべきか

女性用のバッグのイメージ

転職活動では、スーツを着用して面接に参加することが望ましいです。スーツを持っていない場合は、次の対処法を検討しましょう。

・スーツを購入する
・スーツをレンタルする
・体型が近い知人からスーツを借りる
・手持ちのジャケットにパンツを合わせる

それぞれの対処法について解説します。

スーツを購入する

面接に適した洋服を持っていなかったり、企業側からスーツの着用を指示されたりする場合は、スーツの購入をおすすめします。転職活動は1回の面接で終わるとは限りません。ビジネスシーンで使えるスーツを1着用意しておくだけで、今後の転職活動やビジネスシーンで重宝します。

新卒2、3年目まではリクルートスーツと呼ばれる黒いスーツで問題ないと考えられているため、第二新卒で転職活動をする人は、新卒時に着用したスーツを着用するのも1つの方法です。

また、30歳前後以降はある程度の社会人経験がある人材として認識されるため、リクルートスーツよりもビジネススーツの方が好印象を与えられます。

スーツの購入は採寸などがあり届くまでに時間がかかると思っている方も多いですが、衣料品店では当日持ち帰れるビジネススーツがあります。緊急の場合は、当日に持ち帰りができる衣料品店でご自身のサイズに合ったものを選びましょう。

スーツをレンタルする

面接以外でスーツを着用する予定がないからお金をかけて購入したくないという方は、スーツのレンタルをおすすめします。スーツを1式揃えるためには3〜5万円ほどかかるため、アパレルや接客などで採用後にスーツの着用予定がなければ、1回のスーツの買い物が高く感じるでしょう。

近年ではスーツレンタルと呼ばれる面接、会社訪問、出張などの目的でスーツ、ブラウス、バッグ、靴をまとめて貸してくれるサービスがあります。おおよその相場は3泊4日で数千円となり、スーツを1式揃えるよりも安価にスーツを調達できるため、お金をかけたくない方にはおすすめです。

体型が近い知人からスーツを借りる

購入やレンタルよりもさらに手軽にスーツを調達したいのであれば、体型が近い家族や友人などからスーツを借りる方法もあります。

普段の仕事でビジネススーツを着用していたり、就職・転職活動をしていた知人がいたりすれば、声をかけてみるとよいでしょう。

スーツを借りることができた場合は、下記のような項目を確認してください。

・借りたスーツが体に合っているか
・色や素材がカジュアルすぎないか
・シワや汚れがないか

上記のように、面接に臨むのに適しているか確認しておきましょう。

手持ちのジャケットにパンツを合わせる

女性の場合はオフィスカジュアルで問題ない会社も増えてきています。上下スーツではなくても、必ずジャケットを着ていくことを忘れないようにしましょう。

オフィスカジュアルで面接に臨む際は、ジャケットの色や素材にあわせたボトムスを選ぶのがおすすめです。しかし、業種や企業によってはオフィスカジュアルが望ましくない場合もあること、「スーツ着用」の指定があれば従うことを忘れないようにしましょう。

詳しい服装の選び方は後述しておりますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:【女性】転職面接のオフィスカジュアルのマナーとは?服装のポイントとNGファッションを解説

転職面接でスーツを持っていない場合の女性の服装の選び方とは

ベージュのバッグのイメージ

転職面接時に企業側からスーツ着用の指示をされなければ、落ち着いた色合いのセミフォーマルな服装で問題ありません。

とくに第二新卒以外であれば、リクルートスーツの着用よりはビジネススーツやセミフォーマルの格好の方が適しています。

転職面接でスーツ以外を着用する場合は、次のアイテムを用意しましょう。

・必須アイテム「ジャケット」
・ボトムス
・トップス

各アイテムについて解説します。

必須アイテム「ジャケット」

スーツを着用しない場合の服装でも、必ずジャケットを着用しましょう。黒・紺・グレーのように落ち着きのある色合いのジャケットが望ましいです。

一方、子どもの入学式などで着用するようなツイードや、ピンクやブルーなどの華やかな色合いのスーツはビジネスの場面では不適切です。

面接時に適したジャケットと適していないジャケットは下記の通りです。

OK NG
テーラードジャケット
ノーカラージャケット
カーディガン
デニムジャケット
レザージャケット

インナーにブラウスを選んだ場合は別ですが、インナーの袖を見せる必要はありませんので内側にしまいましょう。

ボトムス

転職面接の場合、女性はパンツとスカートのどちらでも問題ありません。業種や職種によっても変わるため、適宜合わせることが重要です。パンツとスカートについては下記で解説します。

パンツ

パンツの場合、足首が隠れるほどの長さにするのが望ましいです。パンツスーツを着用する女性は増えていて、スカートよりもスタイリッシュに見えるアイテムも多くあります。

具体的には下記の表を参考に着用しましょう。

OK NG
テーパードパンツ
ストレートパンツ
セミフレアパンツ
ワイドパンツ
ショートパンツ
デニムパンツ

面接の場ではカジュアルに見えてしまうデザインや形のパンツは避けましょう。

スカート

スカートの場合、立った時に膝が隠れる程度で座った時に短すぎないか確認しましょう。長すぎたり短すぎたりすると、服装が乱れていると判断される可能性があるため、スカートの長さには気をつけてください。

ミニスカートやスリットが入ったスカートは露出が多くなるため控えましょう。また、フレアスカートやプリーツスカートなどボリューム感のあるアイテムも避けるのが賢明です。

具体的NGアイテムは下記を参考にしてください。

OK NG
ひざ丈のタイトスカート ミニスカート
マキシ丈スカート
デニムスカート
ワンピース
タイトスカート
プリーツスカート

トップス

スマートにジャケットを着こなしても、インナー次第で印象が悪くなる可能性があります。ボリュームのある派手なデザインは、面接では不適切です。

また、胸元が空いているような露出の多い服装は、だらしない印象を与える可能性があります。お辞儀をする時やかがんだ時の見え方も意識して選びましょう。

第二新卒以外の方は、リクルートスーツのような見た目になるため、黒のジャケットに白のインナーを合わせるのはおすすめできません。

具体的には下記のようなトップスを着用しましょう。

OK NG
カットソー
襟付きシャツ
ブラウス
ノースリーブ
柄付きシャツ
装飾付きのシャツ
胸元が空いているもの
派手なデザインや柄

トップスで悩んだ場合は白の襟付きのシャツを着用しましょう。

鞄やバッグ、ストッキング

面接官は、身だしなみという面で洋服以外の下記ポイントもチェックしています。

・靴
・バッグ
・ストッキング

転職の面接では、太めヒールが3〜5cmほどついたパンプスを用意しましょう。少しヒールの高さがあると全体的なシルエットがきれいに見えるため、パンツやスカート問わず高さのあるパンプスがおすすめです。

つま先やかかとが出ている靴は、カジュアルな印象を与える可能性があるためオフィスアイテムとしてはNGです。また、ピンヒールのついた靴は高さがなくても派手さが演出されるため避けましょう。

面接時の靴について詳しく知りたい方は、下記記事を参考にしてください。靴の選び方や注意点を解説していますので、ぜひご覧ください。

参考記事:【女性版】転職面接時に履く靴の選び方とは?手入れの方法や正しい足元の身だしなみを紹介

バッグ

近年では、黒いシンプルなリュックサックを使う人たちも増えていますが、ビジネスバッグを用意します。

具体的には下記のようなバッグを使用するとマイナスなイメージを持たれる可能性が低くなりますので、確認しておきましょう。

・カラーは黒、紺、茶、グレー
・サイズはA4の書類が入るもの
・明るい色や柄物は控える。
・一目でブランドものとわかるロゴやデザインも控える。

面接用の服を選ぶときは、必ずカバンも一緒に合わせて検討しましょう。面接用のカバンの選び方やマナーを知りたい方は下記記事を参考にしてください。面接のカバンでよくある失敗も解説していますので、ぜひご覧ください。

参考記事:女性の転職面接にはどんなバッグ(カバン)が必要?よくある失敗や選び方を解説

ストッキング

パンツとスカートどちらを着用するにしても必ずストッキングを履くのがビジネスマナーです。「パンツの場合は靴下でもいいのでは?」と考える人もいますが、パンプスを履くと足元が露出するためストッキングにした方が印象は良くなります。

ストッキングでも下記のような物を着用するようにしましょう。

OK NG
ナチュラルカラー 黒色
デザイン付き

また、ストッキングは伝線しやすいため、予備を持ち歩いておくと安心です。

女性が転職面接でスーツ以外の服を着る際のポイント

バッグを持つ女性のイメージ

女性が転職面接でスーツ以外の服を着用する際は、次のポイントに気をつけましょう。

・清潔感
・TPO
・服装全体のバランスに気をつける

それぞれのポイントについて解説します。

清潔感

転職面接では、清潔感が重視されるため服装や着こなし、身だしなみに注意しましょう。清潔感は印象を左右する大事な要素です。クライアントやお客様との接客がある業種は、特に清潔感があるかどうかを面接で見られています。

清潔感があるかどうかは、服装や靴、髪型から判断されることが多いです。インナーやボトムスにシワがあれば事前にアイロンをかけて、髪の毛は香りのないオイルやクリームでまとめましょう。

TPO

転職面接では、TPOを意識して、できるだけスーツに近い服装を選んで、カジュアルになりすぎないように気をつけましょう。

アパレル業界など、ファッション性が重視される業種や職種を除いて、一般の民間企業の面接では、応募職種に適切な格好をしているかどうかを判断します。

「私服可」「指定なし」と記載する企業もありますが、そういった企業の場合でも転職希望者の社会常識を面接の際の格好で測っている可能性もあります。

TPOとは、「Time(時間)」「Place(場所)」「Occasion(機会)」の頭文字を取っていて、状況に応じて適切な服装や言動を使い分けることです。服装の指定がないからといって面接に不適切な格好で来てしまうと、その時点で面接に通らない可能性があります。

服装全体のバランスに気をつける

転職面接は、アウターだけではなくインナーとのバランスに気をつけましょう

面接に適したジャケットを着用していても、インナーの色が明るすぎたり、派手な柄が入っていたりすると、カジュアルな印象を与えてしまうため、色味のバランスに注意しましょう。

また、靴だけ極端にカジュアルであったり、時計やカバンが高級ブランドだったりすると良い印象は持たれません。面接官にあなたの本質を理解してもらうためにも、服装のバランスには注意しましょう。

女性の面接時の身だしなみに関するよくある質問

スーツ以外の服装は選考に影響する?

スーツか否かで選考に影響することはありませんが、良くない印象を与える可能性はあります。

これから仕事をするにあたって「常識がない」と判断されるようなカジュアルな服装は、選考結果に影響を与えます。スーツに近い服装、セミフォーマルな格好で面接に参加してください。

ネイルやアクセサリーはしても大丈夫?

ネイルやアクセサリーは、企業によって基準が異なるため、控えるのが無難です。

結婚指輪や腕時計以外のアクセサリーは、カジュアルな印象を与えるため、面接時は外しておきましょう。

また、ネイルは肌の色に近いシンプルな色合いであれば大きな影響を与えない可能性もありますが、派手なものは不適切です。

関連記事:転職面接でアクセサリーは付けない方がいい?身に付ける場合の注意点
関連記事:面接でネイルはNG?ネイルのマナーや落とせない時の対処法

髪が染まったままでもいい?

女性の髪色は、多くの民間企業では黒や暗めの茶色が無難です。髪色が明るすぎると応募企業の業界や社風にマッチしていないと思われてしまう可能性があるからです。しかし、業種や職種によっては、このかぎりではないです。

髪型は清潔感を大きく左右するため、ロングヘアの場合は結んで、ショートヘアの場合は、寝癖などが残らないようにセットしておきましょう。

関連記事:面接で好印象を与える髪型とメイクは?避けたいNG例も解説

季節ごとに服装を変えても大丈夫?

季節ごとに転職面接で着用する服装を変えても問題ありません。

スーツでも夏用と冬用で異なる素材が使われているため、スーツ以外の洋服を着用する際も季節に合わせて違和感のないようにしましょう。

季節ごとに快適に面接を受けられるような服装選びを意識してみてください。

関連記事:【女性版】夏の転職面接時のスーツ・服装の基本とは?ジャケットの有無や選び方を解説
関連記事:【女性版】冬の転職面接時のスーツ・服装の基本とは?コートやインナー、靴の選び方&マナーを解説

まとめ

この記事の結論をまとめると下記のようになります。

・転職面接でスーツがない場合は、スーツを購入、レンタルしたり、体型が近い知人に借りたりして対応する。
・転職面接でスーツ以外の服装を選ぶ場合は、ジャケットを必ず着用し、スカートやパンツ、ジャケットにふさわしいインナーでコーディネートを組む
・女性が転職面接でスーツ以外の服を着用する際は「清潔感」「TPO」「バランス感」に気をつける

転職面接では、不適切な服装、身だしなみ1つで印象が悪くなる可能性があります。もったいないといえます。せっかく書類の準備や面接対策などしっかり準備をしているのに、服装や身だしなみで評価が下がるのはもったいないことです。

ビジネススーツがあれば服装を理由に選考が通らないリスクは避けられますが、スーツ以外でもセミフォーマルな格好を準備すれば問題ありません。

急遽面接が決まってスーツの用意がないという方は、手持ちの服の中からビジネスシーンに適したものを組み合わせて、面接官に好印象を与えられるような服装で臨みましょう。

type女性の転職エージェントでは、女性の転職を支援しています。面接事情のほかに、女性が転職を成功するために知っておきたい情報やよくある疑問や不安、サポートについて発信しています。

またtype女性の転職エージェントでは、 女性向け個別転職相談会・セミナーを実施しています。女性の転職支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーに、転職の悩みやキャリアをご相談ください。転職のスペシャリストであるキャリアアドバイザーが無料で1対1の相談を承ります。

人気記事ランキング
Page Topへ