転職面接でアクセサリーは付けない方がいい?身に付ける場合の注意点

更新日:2024.02.05

この記事のまとめ

  • アクセサリー着用がNGな業界や企業もあるため、面接では付けない方がいい。
  • 身に付けても問題がないアイテムは、結婚指輪と腕時計。
  • 応募する業界や職種によっては、アクセサリーを身に付けた方が良いケースもある。

転職面接でアクセサリーを身に付けていいのか迷う方もいるのではないでしょうか。アクセサリーの着用については、業界や企業によって基準が異なるので、面接では避けた方が無難です。

本記事では、転職面接でアクセサリーを付けない方が良い理由や身に付けた方がいいケース、アクセサリー着用時の注意点を解説します。

 

監修者:村田 有美
監修キャリアアドバイザー
美容に興味があったこと、人と深く長期的に関わって業務を行えることに魅力を感じ、新卒でエステ業界へ入社。エステの施術だけではなく、カウンセリングから最適な通い方、プランニング、商品の提案を行ってきたが、結婚、主人の転勤というライフイベントをきっかけに転職を決意。ただ「長期就業という条件を満たすだけの転職はしたくない!今まで通り、仕事自体にやりがいをもちたい!」という思いから、人材業界を志望。これまでの経験をさらにビジネスの場で活かせると思い、type女性の転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転身した。

転職面接でアクセサリーは付けない方がいい

転職面接でアクセサリーの着用

アクセサリー着用がNGな業界や企業もあるため、面接では付けない方がいいです。面接の場で失敗しないためには、最も厳しいルールに合わせます。特に金融や不動産などはアクセサリーの着用は避けます。身に付けても問題がないアイテムは、結婚指輪と腕時計です。

基本的にはアクセサリーの着用は避けた方がいいですが、身に付けた方が良いケースもあります。

アクセサリーを身に付けた方がいいケース

人材業界やIT・Web業界などは、私服通勤が多く、人前に出ることも多い業界のため、質素すぎると社風に合わないと判断される可能性があります。人材業界、IT・Web業界を受ける人は、小ぶりで主張の少ないダイヤなどのネックレスなど、シンプルなアクセサリーを身に付けて華やかにした方が好印象に繋がります。

アパレル業界はファッションセンスが見られることもあるので、控えめながらもトレンドを取り入れたアクセサリーを身に付けるといいでしょう。

ジュエリー業界などアクセサリーを取り扱う業界は、シンプルで控えめなアクセサリーを身に付けて面接に臨むといいでしょう。アクセサリーを身に付けていないと、ジュエリーに興味が薄いと思われる可能性があるからです。

アイテム別 面接でのアクセサリー着用の注意点

アイテム別 面接でのアクセサリー着用の注意点

面接でのアクセサリーを着用する際に、どのようなアイテムなら身に付けていいのか、着用する時の注意点も含めて解説します。

指輪

結婚指輪は面接で着用しても問題ありません。ファッションリングを付けるのは控えましょう

ネックレス

華やかさをプラスしたい時は、小ぶりな一粒ダイヤなどシンプルで控えめなデザインのものがおすすめです。ボリュームのあるもの、チェーンが長いもの、ブランドロゴのものなどは、面接には適しません。

ブレスレット

面接ではブレスレットやバングルの着用は避けた方がいいでしょう。避けた方がいい理由は、スーツに合わない、手振りで説明する時に目立つなどがあります。

腕時計、スマートウォッチ

腕時計は身に付けても構いません。特に金融業界や不動産業界を受ける人は、時計を身に付けていってください。カジュアルすぎたり、ブランドものだと一目で分かるものは避けた方が無難です。

またスマートウォッチでも問題ありませんが、業界や企業によってはカジュアルだと感じる場合もあります。スマートウォッチを身に付けて面接に臨む際は、事前にマナーモードに設定しておきましょう。

ピアス・イヤリング

ピアスやイヤリングは面接では身に付けない方がいいでしょう。IT・Web業界、人材業界、広報などを企業の面接を受ける場合は、小ぶりな一粒ダイヤなどシンプルなものに留めます。コットンパールや大きいもの、揺れるものなどは、カジュアルな印象を与えるため、控えた方がいいです。

ベルト

バックルが大きすぎない革ベルトがおすすめです。ジャケットで隠れるため、面接官の目に入ることは少ないアイテムですが、シンプルなデザインを選ぶようにしましょう。

ヘアアクセサリー

ヘアゴムやバレッタは髪色と同じ落ち着いた色がいいでしょう。シンプルな装いを心がけます。シュシュやカチューシャ、リボンなどはカジュアルな印象を与えるので、面接では避けます

まとめ

業界によって面接でアクセサリーの着用がNGなところもあるので、厳しい業界のルールに合わせておくのが安全です。基本的にはアクセサリーの着用は避けた方がいいです。カジュアルに捉えられたり、TPOが分かっていない人と思われたり、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。

面接の服装やメイク、髪型などの身だしなみについて、詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。
関連記事:【女性版】転職面接におすすめの服装・メイク・髪型とは

type女性の転職エージェントでは、女性の転職支援実績が豊富です。type転職エージェントでは、髪型・メイク・アクセサリーに関するアドバイスも含め、手厚い面接対策を行っています。事前に想定質問の提供や模擬面接の実施などを行っています。面接の悩みや不安は、type女性の転職エージェントにご相談ください。

またtype女性の転職エージェントでは、 女性向け個別転職相談会・セミナーを実施しています。女性の転職支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーに、転職の悩みやキャリアをご相談ください。転職のスペシャリストであるキャリアアドバイザーが無料で1対1の相談を承ります。

関連記事:type女性の転職エージェントの面接対策とは?

人気記事ランキング
Page Topへ