【女性】転職面接のオフィスカジュアルのマナーとは?服装のポイントとNGファッションを解説

更新日:2024.02.05

この記事のまとめ

  • 面接でのオフィスカジュアルな服装は、ジャケット、カットソーなどのインナーに、スカートやパンツのスタイルが定番。
  • 転職面接におけるオフィスカジュアルは色やデザインに注意し、ビジネスの場に適したシンプルなものを選ぶ。
  • 服装だけでなく、髪の毛や爪・メイクなども含めて印象になるため、事前準備・対策をしっかりする必要がある。

「女性の転職面接におけるオフィスカジュアルのマナーとは?」
「面接でNGなオフィスカジュアルの服装ってなに?」
上記のような疑問をお持ちの方がいると思います。

転職面接におけるオフィスカジュアルのポイントは、「清潔感・TPO・全身のバランス・社風とのマッチ度」です。

本記事では、上記のような疑問に答えるとともに、靴やバッグなど服装以外の身だしなみのマナーに関しても解説しています。
オフィスカジュアルで面接を受ける予定がある女性の方は、ぜひ参考にしてください。

監修者:須崎 知香
監修キャリアアドバイザー
ブライダル業界にて新規営業を経験。その後、営業代行の企業へ転職し調剤薬局のM&AやSaaSの法人営業を経験。転職希望者のサポートだけではなく、企業の採用課題にも貢献できるアドバイザーの仕事に魅力を感じ、type女性の転職エージェントキャリアアドバイザーに転身。

女性の転職面接におけるオフィスカジュアルな服装とは

女性の転職面接におけるオフィスカジュアルな服装とは

オフィスカジュアルな服装での面接において、女性は男性よりも服装の選択肢が多く悩むポイントの一つです。

外見は面接の第一印象にもなる大切な要素の一つです。マイナス評価を受けないためにも、最低限のマナーはおさえて臨みましょう。

オフィスカジュアルとは、簡単に言うと「オフィスに相応しいカジュアルな服装」です。面接の場合は、必ずジャケットを着用しましょう。具体的な面接でのオフィスカジュアルな服装は、ジャケット、カットソーなどのインナーに、スカートやパンツのスタイルが定番です。企業によってオフィスカジュアルの線引きがあいまいなので、ジーンズやニット、ワンピースなどカジュアル度の高い服装は避けた方が無難です。

オフィスカジュアルで面接する時のポイントとは

オフィスカジュアルで面接する時のポイントとは

オフィスカジュアルで面接する際の服装選びのポイントを3つ紹介します。

  • 清潔感
  • TPO
  • 業界や社風への理解

それぞれ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ポイント① 清潔感

第一印象を左右する「清潔感」は、面接以外のビジネスシーンでも大切になってくる最低限のマナーです。オフィスカジュアルな服装であっても、清潔感のある服装を選びましょう。どのような服が清潔感があるのか分からない方は、下記3つのポイントを意識してください。

1つ目は「手入れされた服」であることです。シワができてしまっていたり、シミなどの汚れがついてしまっていたり、襟や袖がよれてしまっているとズボラな印象を与えてしまいます。面接に着ていく服に汚れやシワがないか確認しておきましょう。

2つ目は「髪や爪など」が整えられていることです。体形にあった手入れされた服を着ていても、髪が乱れたり爪が長かったりすると清潔感が失われます。寝癖が残っていないか、爪が伸びすぎてたりしないか事前に確認してみてください。

3つ目は「体形に合った服」を着ることです。意外と思われるかもしれませんが、体形に合った服かどうかで清潔感の印象は変わります。肩の位置が合っていなかったり、袖や裾の長さが合っていなかったりする場合はだらしなく映ってしまうので、鏡などで確認してください。

ポイント② TPO

面接とは、面接官が時間を割いてくれている場であることを考えると、TPOに相応の格好をする必要があります。取引先や打ち合わせに行くイメージをすると考えやすいでしょう。

そのためオフィスカジュアルであってもジャケットは着用します。色は落ち着いたものを基本にし、シンプルなデザインの服装を選びます。フリルやリボンなどの華やかな装飾がついている服、キャミソールのような露出度の高い服、身体のラインが出過ぎているような服装は避けましょう。

メイク・アクセサリー・時計・バッグ等の小物も同様に、ビジネスシーンに相応しいシンプルなものを選んでください。後述の「服装以外での身だしなみのマナーとは」の項目で詳しく紹介しています。

ポイント③ 業界や社風への理解

業界によってもオフィスカジュアルの定義は異なります。例えば、クリエイティブな分野では、カジュアルな服装が許容されることがあります。一方、金融や法律などの業界では、保守的な服装のほうが好まれる傾向にある、といった違いがあります。

面接官は、あなたが長期的に就業でき、自社で活躍できる人材かどうかを見ています。企業の風土・文化に合っているか、職場の雰囲気を壊さないかなどを、あなたの服装やたたずまいからも見極めようとしているのです。そのため、応募する業界や企業に合った服装選びは大事なポイントと言えます。

企業ごとにオフィスカジュアルとして許容される範囲が異なるため、企業の社風を事前に確認しておくといいでしょう。HPの社員紹介などを見るのも一つの方法です。

オフィスカジュアルで避けたいNGポイントとは

オフィスカジュアルで避けたいNGポイントとは

オフィスカジュアルな服装で面接に臨む場合に気を付けたいNGポイントを3つ紹介します。

  • 肌の過度な露出
  • 個性的すぎる服装
  • 素足

下記にて詳しく解説していますので、オフィスカジュアルな服装で面接を受ける際は参考にしてください。

NGポイント① 肌の過度な露出

深いVネックなど胸元が広く開いたカットソーは控えます。ブラウスやシャツを着る場合は、ボタンの開けすぎに注意してください。第一ボタンを開けるくらいがちょうどいいです。ボタンのないスキッパーは、胸元が深く開いているものもあるので、注意してください。

ボトムスではミニスカートなど短い丈のものや、深いスリットが入っているものなど、肌の露出がされるものはやめましょう。

また、シースルーや鍵編みニットなど透け感の強い素材の服装も控えてください。

NGポイント② 個性的すぎる服装

鮮やかで派手な色や柄が入っている服や、身体のラインを強調しているデザインの服装は、面接では好ましくありません。TPOにあっていない服装の印象に引っ張られて、あなたの魅力やスキルなどがきちんと伝わらない可能性があります。

また、プライベートな印象の強いジーンズも面接では控えます。

NGポイント③ 素足

ビジネスの場において、素足はマナー違反です。スカート、パンツどちらのスタイルであっても、ストッキングを着用しましょう。

ストッキングは肌の色に近いものが望ましいです。派手な色や装飾のついているものは避けてください。

服装以外での身だしなみのマナーとは

服装以外での身だしなみのマナーとは

服装以外での面接の身だしなみのマナーを4つ解説していきます。

  • 足元
  • バッグ
  • アクセサリー
  • ナチュラルメイク

それぞれ解説していくので、細部までこだわって面接ファッションの準備をしましょう。

足元はシンプルなもの

オフィスカジュアルではオフィスになじむコーディネートが重要です。そのため、黒やグレー、ベージュなどの落ち着いた色の靴を選ぶのが良いでしょう。

カジュアルに偏りすぎないように気を付け、派手な色や刺繍のない無地のものを選ぶことをおすすめします。

サンダル・ブーツ・スニーカーはオフィスには適さないと判断する企業もあるため控えましょう。

また、見た目だけではなく歩きやすさや動きやすさも大切になります。高すぎるヒールやサイズの合っていない靴は避けましょう。

A4サイズのプリントが入るシンプルなバッグ

バッグはシンプルなビジネスバッグを選びましょう。A4サイズの書類が入る大きさが望ましいです。カジュアルに見えすぎてしまうトートバッグやリュックなどは避けた方が良いでしょう。

また、一目でブランド物とわかるようなデザインは面接向きではありません。上記にもある通り、面接官の意識を持っていってしまう可能性があるからです。

控えめなアクセサリー

アクセサリーは避けた方が無難で、結婚指輪と腕時計のみにしておくことが望ましいです。大きなイヤリングやネックレス、また動きが出るものやカラフルなものは、面接において良い印象を与えません。

時間の確認は腕時計で行うのがおすすめです。面接中にスマホを取り出すのは失礼なので避けましょう。

また、腕時計も上記の通り一目でブランド物とわかるものや、派手なデザインのものは避けた方が良いでしょう。

健康的なナチュラルメイク

面接では表情が明るく見え、健康的なナチュラルメイクがふさわしいとされます。ビジネスシーンでは、濃いメイクや派手なメイクは適しません

なお、メイクが薄すぎてしまうと、顔色が悪く見えてしまったり、ビジネスマナーでNGなすっぴんに見えてしまう可能性があるため気を付けてください。

また清潔感があり、明るい印象になるような髪形で面接に臨みます。最低限、クシを通して毛先などの乱れがないよう整えたり、クセやハネ、飛び出した短い髪の毛などがないようにしましょう。顔が隠れないようにするため、ロングヘアの方は結んでおき、ショートヘアの方はお辞儀をしても顔に髪がかからないよう注意します。

「仕事にふさわしいカジュアルな服装とメイク」という基本のコーディネートをし、自分の良さがアピールできるようにしましょう。

関連記事:面接で好印象を与える髪型とメイクは?避けたいNG例も解説

女性の転職面接の服装に関するよくある質問

「スーツ以外で」と言われた場合は?

案内メールなどに「スーツ以外で」と記載されていたり、直接言われたりしている場合は、スーツを着ていくべきではありません。今まで記載してきた面接でのオフィスカジュアルな服装を参考に選びましょう。この場合もジャケットは必ず着用してください。

例外として、アパレル業界の販売職やクリエイティブな職種などでは、ファッションセンスを見られている場合もあるため、清潔感に加えてあなたらしさを取り入れましょう。企業やブランドに合わせて服装を選ぶことも忘れずに。

夏の面接でもジャケットは必要?

ジャケットは夏でも必須です。夏物の、薄い通気性の良い素材のセットアップがあると良いでしょう。会場までは汗染み・臭い対策としてジャケットを脱いだり、汗対策のアイテムを使ったりするなどの工夫をしましょう。流行のノースリーブジレや半袖ジャケットは面接には適さないので避けます。

関連記事:【女性版】夏の転職面接時のスーツ・服装の基本とは?ジャケットの有無や選び方を解説

どこまでがオフィスカジュアルなの?

オフィスカジュアルの基準は決まっておらず、業界・企業によって異なるためあいまいです。

例えば広告業界では仕事に最先端の情報が関わるため、服装にも流行を取り入れることが好印象につながりやすいなど、ほかの業界よりもオフィスカジュアルの許容範囲が広いです。アパレル業界では応募者のファッションセンスなども選考ポイントになるため、応募する企業やブランドのアイテムを取り入れつつ、靴やバッグもブランドイメージに合わせた服装が求められます。

その業界・企業に合わせたオフィスカジュアルを考えてコーディネートしましょう。

面接にカーディガンを着るのはあり?

マナー違反ではありませんが、マナーに沿っているわけではありません。面接はビジネスの場であるため、ジャケットが無難でしょう。面接でカーディガンを羽織ることは一概にマナー違反とは言えず、企業や担当者によって異なります。

まとめ

この記事の結論は下記の通りです。

  • 転職面接におけるオフィスカジュアルは色やデザインに注意し、ビジネスの場に適したシンプルなものを選ぶ
  • 全体のバランスを考え、面接官の意識が違和感に引っ張られないようにする
  • 服装だけでなく、髪の毛や爪・メイクなども含めて印象になるため、事前準備・対策をしっかりする必要がある

オフィスカジュアルでの面接の際は、上記で紹介したポイントをぜひ参考にしてください。
type女性の転職エージェントでは、面接の服装などの身だしなみのアドバイスをはじめ、面接での質疑応答の練習など面接対策も行っております。転職に関する不安なことやお悩みはぜひご相談ください。

関連記事:type女性の転職エージェントの面接対策とは?

またtype女性の転職エージェントでは、女性向け個別転職相談会・セミナーを実施しています。女性の転職支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーに、転職の悩みやキャリアをご相談ください。転職のスペシャリストであるキャリアアドバイザーが無料で1対1の相談を承ります。

人気記事ランキング
Page Topへ