転職で年収アップを目指す女性へ 注意点を解説income_up

更新日:2022.02.02

転職で年収アップを目指す女性へ 注意点を解説

更新日:2022.02.02

転職を希望される方の中には「今の給与に不満がある」「もっと良い条件の仕事がしたい」とお考えの方も多いでしょう。実際に、転職するにあたって「年収」を重視される方はかなりの割合を占めています。

では、どうしたらより良い条件の仕事に転職できるのでしょうか?本記事では、年収アップしやすい女性の特徴から、仕事選びのポイント、注意点まで、さまざまな例を挙げて詳しく解説していきます。

監修者:髙橋透
監修キャリアアドバイザー
前職は飲食店店長として、店舗運営・マネジメント・採用・教育などを一通り経験。人材業界のビジネスモデルに共感を覚え転職を決意。キャリアアドバイザーを選んだのは人と話すのが好きなこと、そしてこれまでのサービス業の経験など、自分の強みをフルに活かすことができる仕事だと感じたから。

転職で年収アップする女性の特徴は?

転職で年収アップする女性の特徴は?

転職先を決める際の重要な条件として、年収が上がるのか下がるのかは非常に重要な項目です。実際に、「女性が転職先を決める際に最も重要視する条件」(※type転職エージェント調べ)において、「給与」は3位に挙げられています。では、どうしたら転職による年収アップが成功するのでしょうか?

年収は企業だけでなく業界や職種によっても平均値が異なります。年収の水準が高い業界・職種・企業に転職する場合は、自然と年収がアップするケースが多くなります。また、当たり前の話ではありますが、現職の年収が低い方の場合、転職によって年収は上がりやすいと言えます。以上の点を考えると、現職での給与水準が比較的高くない20代中盤~後半での転職は、年収が上がりやすいと言えるでしょう。若年層であれば経験に関係なく、その企業での同年代と同じ給与水準になることが多いため、転職先の業界・職種・企業次第で、ある程度の年収アップが見込めます。

また、きちんとしたスキル・経験を持っている方も、年収が上がりやすいと言えるでしょう。スキルや経験が求められる転職の場合、当然ながら企業はその点を評価して、良い条件を提示するケースが多数です。例えば、前職で確かな営業実績をあげている場合や業務改善の経験、マネジメントスキルなど転職先でも即戦力として活躍できる能力がある方は、年収アップが見込めるでしょう。

反対に、キャリアチェンジなど、未経験での転職の場合は年収が下がる可能性があります。今までとは違う職種や業界にチャレンジにしたいという方は、年収が下がることも理解して、入社後にどの程度、年収が上がる可能性があるのか(昇給、昇進の機会、昇給額の幅など)を確認しておくといいでしょう。

転職で年収アップしやすい職種や業界は?

転職で年収アップしやすい職種や業界は?

業界で見た場合、人材・広告・Web業界などは利益が出やすいビジネスモデルの会社が多いため、年収が伸びやすい傾向にあります。職種では、営業職が他の職種より給与水準が高いと言えるでしょう。理由は、営業職が会社の利益を作る最前線の仕事だからです。そのため自然と給与水準も高くなっています。また、営業実績は数値化されるため、他の職種より成果を評価しやすく、売上を上げた分だけ給与アップにつながりやすくなります。実際に、営業職は給与以外にも、成果に応じて賞与やインセンティブが支払われることが多く、若くして高年収を実現することが可能です。その他では、現在成長中の業界・企業もお勧めです。当然ですが、業績が良い企業であれば、その分だけ年収が上がりやすい傾向にあります。

業界や職種ごとに年収の水準は異なります。自分と同じ年齢・ポジションの人たちがどれくらい年収を得ているかを調べると、現在の年収が妥当かどうか判断できます。業界や職種、年代ごとの年収については、さまざまなデータが公開されています。より給与水準の高い業界や職種へ転職することを考えてみてもよいでしょう。

なお、自分が望む年収が妥当か判断できない時は、転職エージェントに相談するのもお勧めです。希望する年収に対して、どれくらいの貢献度を求められるのかなど、業界・業種・企業ごとに詳しい情報を提供してくれます。

転職で年収アップのポイントは?

転職で年収アップのポイントは?

まず前提として、「年収を上げたい」と主張しても、それが必ずしも通るわけではありません。年収は、企業への貢献度に応じて支払われる対価です。よって、年収アップを求めるなら、自分がそれに見合う貢献ができると示さなくてはいけません。企業にはそれぞれ、役職や年齢などによって、ある程度の年収の基準が決まっています。あなたに提示される条件も、その基準をもとに、経験やスキル、前職での年収などを考慮して決定されます。

そのため、できるだけ良い条件での採用につなげるためには、面接での評価を上げることがひとつのポイントになります。ある程度決まった条件の中で、最大限の評価を引き出すためには、面接での印象は重要です。特に大事なのは、自身の挙げた成果や即戦力性の高さを上手く伝えられるかどうかです。そのためには、企業の求める人物像やスキル・経験、仕事内容などを深く理解して、自分がいかに会社に貢献していけるかをアピールするとよいでしょう。その際、具体的な数字やエピソードなどを交えて話せると、より効果的に伝わりやすくなります。

「自分のスキルでは年収アップを叶えることはできない」「自分に強みはないからできる仕事がないのではないか」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。年収を上げて転職するには、今まで培ってきた知識ではなく、経験やスキル、実績を転職先でどう活かせるかを伝えられるかが重要です。自分では気づいていない強みや企業から高く評価される経験・スキルが明らかになることも多くあります。自分の強みがわからない、年収アップを叶えることができるか知りたい、面接での伝え方が不安な方は、type女性の転職エージェントにご相談ください。

年収アップ転職の注意点

年収アップ転職の注意点

年収アップを見込んで転職をしたのに「こんなはずではなかった」と後悔するケースも多くあります。例えば、「思ったよりも就業時間が長かった」「仕事が忙しく残業が多かった」「インセンティブで稼げなかった」など。そうならないためにも、仕事内容や給与形態、就業時間など、求人票に書かれている情報をよく見ておくことが大切です。特に就業時間、平均残業時間はよく確認しておきましょう。残業代は別途支給なのか、あるいは固定残業代として給与に含まれているのか、などもチェックしておきます。その他に基本給が低く、インセンティブで稼がないといけないといったケースにも注意が必要です。賞与などの条件もきちんと確認しておけば、入社後にアンマッチが発生するケースが減ります。入社後に昇給、昇進の機会があるかどうか、入社してから年収が上がる可能性はあるのかどうかも調べておくと良いでしょう。

また、年収以外の条件についても注意してください。いくら収入が上がっても、その会社で仕事を続けることができなくては意味がありません。すれ違いを防ぐためにも、転職先で叶えたいことを整理しておく、優先順位をつけておくことも重要です。

ここまで、さまざまな注意点を挙げてきましたが、給与や福利厚生などの条件は詳しく確認することができない方もいるでしょう。自身で調べられることにも限界があります。そのような場合は、転職エージェントを活用することがお勧めです。転職エージェント利用している方は、担当のキャリアアドバイザー経由で、気になる条件を確認することができます。企業に直接確認するため、知りたいことを正確に教えてくれます。type女性の転職エージェントでは、業界での立ち位置や同業他社と比較しての強みなどに加え、企業が求める人物像や面接でよく聞かれることなど、求人票にはない情報もお伝えできます。転職での年収アップの実績も多数あるので、ぜひご相談ください。

まとめ

近年、転職によってキャリアアップを行う女性も増えています。収入を上げるためには、自身を評価してくれる企業に転職することも有力な選択肢といえるでしょう。まずは一度、あなたの働く企業・職種・業界の給与水準について調べてみることをお勧めします。

年収を転職の基準とすることは決して間違いではありません。年収は自身の能力・成果に対する評価でもあるため、キャリアアップとは切っても切れない関係にあるのです。あなたにとってより良いキャリアを築くためにも、ここで挙げた注意点をきちんと踏まえて、収入アップを目指してみましょう。

いつ転職すべき?
キャリアアドバイザーに相談してみる
合わせて読みたい転職ノウハウ
人気記事ランキング
Page Topへ