女性が公務員から転職するのは難しい?転職するメリット・デメリットなどを解説

更新日:2024.02.05

イメージ

更新日:2024.02.05

「公務員からの転職は難しいって聞くけど本当なのか気になる」
「民間企業に転職するメリット・デメリットを知りたい」
公務員から民間企業への転職を考えたときに、上記のような疑問を抱えていませんか。

公務員から民間企業へ転職することは難しいと言われています。しかし、事前準備をきちんと行えば、希望する仕事への転職が可能です。

本記事では、転職する際に準備することや転職するメリット・デメリット、転職が成功する人の特徴などを解説します。

転職活動する際には、転職エージェントの活用がおすすめです。type女性の転職エージェントは、年間10,000名を超える女性の転職希望者の転職サポートを行っています。公務員から民間企業への転職支援実績もありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

監修者:青柳 真理子
監修キャリアアドバイザー
青柳 真理子
約10年に渡り、営業職やITエンジニア職の転職支援を行う。新卒就職支援やIT派遣のアドバイザー経験もあり。 現在は販売サービス職、事務職、管理部門の転職支援を中心に行うキャリアアドバイザー部の部長。

女性が公務員から転職するのは難しいのか?

公務員から民間企業への転職が難しいと言われる理由

女性に限らず公務員から民間企業への転職は難しいと言われています。その理由は、「利益を追求している企業かどうか」の違いです。公務員の仕事は利益を求めていないので売り上げなどを追うものではないですが、民間企業は売り上げや利益を追求して仕事を行います。なので、公務員と民間企業の会社員とでは、「利益を出すため」の仕事の進め方やスピード感、マインドが大きく違うのです。

そのギャップがあるため、公務員からの転職は難しいと言われがちなのです。ただ、その「難しい」には、内定を勝ち取る難しさだけでなく、転職した後に民間企業に適応して成果を出していく難しさも含まれています。したがって、転職すること自体は、事前に準備をすることで可能性は大いにあります。

では具体的にどのような準備をすればいいのでしょうか。公務員から転職する前に準備するべきことを解説します。

公務員から転職する前に準備するべきこと

公務員から転職する前に準備するべきこと<

一般企業への転職活動は、求人選びや応募書類の作成、面接など行うことが多くあります。働きながら効率的に活動をするためにも、事前の準備は重要です。公務員から一般企業への転職活動を開始する前に準備しておくべきことを紹介します。

まず、転職のスケジュールを計画しましょう。通常、転職活動は応募から内定までに1~2ヶ月、そして内定から入社までにさらに1~2ヶ月かかるとされています。そのため、「内定は得たものの退職できなかった」あるいは「退職日までに内定が決まらなかった」といった事態を避けるためには、しっかりとスケジュールを組むことが重要です。退職を希望する時期から逆算して、転職活動を開始するとスムーズに運ぶことができます。

具体的な転職活動のイメージができたら、自分の経歴や強みを整理しましょう。自己分析をすることで、企業選びや応募書類の作成、面接での質疑応答などの転職活動が進めやすくなります。自己分析の仕方は、今までの業務内容や経験、得たスキル、実績など、書き出していきます。具体的なエピソードもあれば、面接で話す時の裏付けになるので書いておきましょう。

次に、転職の目的を明確にしましょう。なぜ公務員を辞めて転職したいのか明確にしておくことで、転職活動の軸を決めておきます。転職活動は迷うことや悩むこともあるので、目的を明確にしておくことで、ブレにくくなるメリットがあります。転職して「こんなはずではなかった」とミスマッチを減らすためにも、公務員から転職するメリットとデメリットを理解しておきましょう。

転職活動について、詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。
関連記事:女性の転職活動準備でやるべき5つのポイント!準備に必要な期間も解説

女性が公務員から転職するメリットとは

女性が公務員から転職するメリットとは

公務員が転職するメリットを理解することで、転職活動へのモチベーションのアップや転職後のミスマッチを防ぐことができます。女性に問わずですが、公務員から転職するメリットは以下の3つです。

・副業ができる
・給料が上がる可能性がある
・能力や成果が重視される

公務員から転職するメリットを理解した上で、転職活動を行いましょう。

メリット(1)副業ができる

公務員から転職するメリットの1つは、副業ができる点です。公務員の副業は原則禁止されています。しかし、民間企業に転職することで副業に制限がなくなり、スキルの広がりや収入の増加が見込めます

具体的には、平日の仕事のあとや週末にフリーランスとして活動したり、趣味を収入源に変えたりすることが可能です。公務員から転職することで副業の自由が得られ、新たなスキル習得や収入アップの大きなチャンスになります。ただし、民間企業でも会社によって副業に関して規定を設けているので、確認してください。

メリット(2)給料が上がる可能性がある

公務員から民間企業へ転職することで、給料が上がる可能性があります。公務員の給与は固定的で昇給のペースも一定ですが、民間企業では業績やスキルに応じて給与が大幅に上がる可能性があります。民間企業では、インセンティブなどの制度がある企業もあり、成果が直接給与に反映されやすく、パフォーマンス次第では年収を上げていくことが可能です。

また民間企業の中には急速に成長している企業も多く、そのような企業ではビジネスの拡大に伴い、給与が増加する可能性があります。公務員は安定した職である反面、急激な成長や拡大は期待しにくいです。

メリット(3)能力や成果が重視される

民間企業には各社独自の評価制度があります。公務員制度では年齢や勤続年数が評価の基準となりますが、多くの民間企業では能力や成果を重視する傾向があります。新たなアイデアを提案し、企業の業績向上に貢献した場合、若手であっても昇進や昇給のチャンスが広がるでしょう。公務員と評価制度が異なるため、民間企業に転職したら、自身の能力や業績が直接評価され、キャリアアップのチャンスが増える可能性が高いです。

女性が公務員から転職するデメリットとは

女性が公務員から転職するデメリット

公務員から転職するメリットを解説しましたが、デメリットを理解することも重要です。当たり前ですが転職は良いことばかりではなく、苦労することもあります。ここでは、性別に限らず公務員から転職するデメリットを3つ紹介します。

・失業リスクがある
・ゼロから覚えなければならないことが多い
・公務員と比べるとローンの審査が厳しい

それぞれ解説します。

デメリット(1)失業のリスクがある

公務員から転職する際のデメリットの1つに、失業のリスクがあります。公務員は安定した雇用が確保されていますが、民間企業では経済状況や企業の業績により雇用が不安定になる場合があります。

経済危機や企業の業績低下が続くと、減給やリストラの危険があることが現実です。転職を考える際には、公務員の安定した雇用と民間企業の不安定さを比較した上で、転職するかどうか判断しましょう。

デメリット(2)ゼロから覚えなければならないことが多い

公務員から民間企業に転職する際、新しい環境でゼロから覚えることが多い点がデメリットになります。公務員と民間企業では業務内容や職場環境だけでなく、ビジネスにおけるマナーや当たり前とする常識が大きく異なり、慣れるためには時間と努力が必要です。

新たな業務に関連する技術やルール、会社の組織構造や意思決定のフローなどを学ぶ必要があります。公務員から転職する際には、新しい環境で多くのことを学ぶ必要があり、適応力と学習意欲が必要になるでしょう。

デメリット(3)公務員と比べるとローンの審査が厳しい

公務員から転職する際のデメリットの1つは、ローンの審査が厳しくなることです。
公務員は安定した雇用と収入が見込まれるため、金融機関からの信用が高く、ローンの審査が有利になります。

しかし、民間企業に転職すると、公務員と比べると安定性が保証されないため、同じ条件下でローンを組むことが難しくなる可能性があります。公務員から転職する際には、金融機関との取引が厳しくなる可能性があることを理解しましょう。

公務員からの転職が成功する女性の特徴3選

公務員からの転職が成功する女性の特徴

公務員から転職を成功する女性には主に3つの特徴があります。

・チャレンジ精神が高い人
・仕事で活かせるスキルを持っている人
・公務員の不満を言わない人

公務員から転職をする際は、これらの特徴を参考にしてみましょう。

チャレンジ精神が高い人

公務員からの転職が成功する女性の特徴として、チャレンジ精神が高いことが挙げられます。公務員から民間企業へ転職する場合、新たな業務や文化、環境に対応するために、柔軟性と新たな挑戦への意欲が必要です。

新規事業開発に積極的に関与したり、既存の業務プロセスの改善案を提出したりする女性が成功する可能性が高いです。

公務員から転職する女性が成功するためには、新たな挑戦に対する意欲が必要になるでしょう。

仕事で活かせるスキルを持っている人

転職を成功させる女性は、仕事で活かせるスキルを持っていることが挙げられます。民間企業の中途採用では即戦力を求められます。そのため転職先で活かせる知識やスキルを求められることが多いです。公務員時代に培った知識やスキル、経験を整理し、応募企業で求められるスキルや知識が合致した自身の強みをアピールできると転職に成功しやすいです。

公務員はJOBローテーションが多いため、高い専門性をつけにくいですが、自分のスキルを理解し、新たな職場でどのように活用できるかを考えることで、転職の成功確率を上げられます。

公務員の不満を言わない人

転職が成功する女性の特徴として、公務員の職場に対する不満を表に出さない人が挙げられます。転職理由に公務員の不満だけを言うと、「公務員ではなければ、どの会社でもいいのでは」と面接官に思われてしまいます。どうして民間企業にいきたいのか、なぜ応募企業ではないのかを伝えられないと、採用されにくくなります

きっかけは公務員の不満であっても、転職理由を整理し、民間企業に転職したい前向きな理由をまとめましょう。そのうえで、志望動機では「なぜ応募企業に入りたいのか、入ったら貢献できること」などをその会社を志望している理由を熱意をもって伝えましょう。

公務員から転職を成功させるポイントとは

公務員から転職を成功させるポイント

公務員から転職を成功させるポイントを知ることで転職活動をスムーズに進めることができます。ここでは、公務員から転職を成功させるポイントを3つ紹介します。

・転職する理由を深掘りする
・転職した先のことを考える
・転職エージェントに相談する

転職を成功させたい方は参考にしてください。

転職する理由を深掘りする

公務員から転職を考える際、今の仕事に満足できないから、というネガティブな理由ではなく、背景にある具体的な動機や欲求を理解することが重要です。

公務員の仕事の制約への不満ではなく、新たな環境での挑戦や成長を求めるなど、自身のキャリアビジョンを深く考えることが大切です。不満に感じていることや改善したいことをすべて書き出して、どういう状態になれば解決するのか、今の職場で解決できるのか、解決のためのアクションと結果を書き出します。そうするとなぜ公務員から転職したいのか、民間企業でなくてはいけない理由が明確になります。

転職を成功するためには、自身の転職理由を深く掘り下げ、明確に理解し、具体的に説明できるようにしましょう。

関連記事:転職理由を面接で正しく伝える方法と回答例文

転職した先のことを考える

公務員から民間企業に転職すると、生活スタイルや勤務時間、報酬体系などが大きく変わり、変化に対応しなければなりません。転職後の生活や職場環境について具体的に考えておくことが入社後のミスマッチを防ぐ上でも重要です。

女性の場合、転職先に産休育休の取得率や復職率、女性管理職の比率などを調べることが重要です。自身のキャリアプランやライフプランが実現できる転職先を選ぶことができます。転職後のミスマッチを避けるために、転職先での生活や働き方を事前にイメージし、自分自身が適応できるかどうかを判断しましょう。

関連記事:キャリアプランとは? 考え方と転職の面接で上手に伝える方法

転職エージェントに相談する

公務員からの転職に成功するためには、転職エージェントに相談することがおすすめです。公務員から民間企業への転職は、業務内容や働き方の違いが大きいため、キャリアアドバイザーの意見を聞くことでスムーズな転職活動が可能になります。

type女性の転職エージェントは公務員からの転職のノウハウもあるため、利用を検討してみてください。女性向け転職エージェントを活用するメリットを知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

関連記事:女性向け転職エージェントを使うメリットとは? 活用方法と注意点も解説
関連記事:転職エージェントの賢い使い方!選び方の基準や利用の流れも解説

まとめ

本記事では、転職する際に準備するべきことや転職するメリット・デメリット、転職が成功する人の特徴などを解説しました。

・公務員から転職する前に準備しておくと転職の成功確率がアップする。
・公務員から転職するメリットは「副業ができる」「給与が上がる可能性がある」「能力や成果が重視される」などが挙げられる。
・公務員から転職するデメリットは「失業のリスクがある」「ゼロから覚えることが多い」「公務員と比べるとローンの審査が厳しい」などが挙げられる。
・公務員からの転職が成功する女性の特徴は「チャレンジ精神が高い人」「仕事で活かせるスキルを持っている人」「公務員の不満を言わない人」
・公務員からの転職を成功させるポイント「転職理由を深堀りする」「転職後のことを考える」「転職エージェントに相談する」を意識して転職活動をする。

公務員から民間企業への転職は難しいと言われていますが、事前準備をきちんとすることで成功確率を上げられます。転職するメリット、デメリットを理解し、転職する必要があるのか、活かせるスキルは何かを整理しておくといいでしょう。

働きながら1人で転職活動をするのは大変です。民間企業の転職に強い転職活動のプロに相談することがおすすめです。type女性の転職エージェントは女性に特化した転職エージェントで、公務員から民間企業への転職活動もサポートしていますので、お気軽にご利用ください。

またtype女性の転職エージェントでは、 女性向け個別転職相談会・セミナーを実施しています。女性の転職支援の経験が豊富なキャリアアドバイザーに、転職の悩みやキャリアをご相談ください。転職のスペシャリストであるキャリアアドバイザーが無料で1対1の相談を承ります。

人気記事ランキング
Page Topへ