Question

退職の意思を伝えたら
強く引き留められました。
どう対処すればよいでしょうか?

Answer

入社日を明確に決めるのがおすすめ。
入社日を踏まえて退職時期をはっきり伝えましょう。

詳細は私がお答えします!

Career Adviser
高橋 透

これまでお世話になった会社とはいえ、自分自身のためにも、退職の意思は明確に伝えることが肝要です。
強い引き留めを受けて、曖昧にかわして“なんとなく”働き続けていたら、現職での勤務を了承されたと受け取られかねません。
明確に、いつまでに退職する、という意思を伝えましょう。

そのためには、まず「入社日」を明確に決めておくことをおすすめします。
転職先企業には、現職で強い引き留めを受けている旨を伝え、どの位まで入社を待ってもらえるか確認しておきましょう。
入社することが確実であるなら、2ヶ月程度は待ってもらえるかもしれません。

しかし入社日を決めずに曖昧な態度を取っていると、転職意欲そのものを疑われてしまうことに。
内定をもらっても入社を引き延ばし続けていると、内定取り消しとなる可能性もあるのでご注意ください。

転職先に状況をよく理解してもらった上で入社日を決め、それを踏まえて現職の退職時期を明確にさせましょう。

それでも転職のお悩みが
解決しなかったら

  • 転職個別相談会 働き方のことでお悩みなら まずは相談してみて下さい。
  • サービスの流れ
  • キャリアアドバイザーの紹介
Page Topへ