販売職から他職種への転職成功のポイントを徹底解説hanbai_career

更新日:2022.02.07

販売職から他職種への転職成功のポイントを徹底解説

更新日:2022.02.07

販売職として働く女性の中には、さまざまなきっかけから「他の仕事に転職したい」と考えたことがある人もいるのではないでしょうか。しかし「販売職の経験しかないのに転職できるの?」「未経験可の求人は少ないのでは?」といった不安や疑問から、実際に転職するのを迷ってしまうことも多いようです。

そこでこの記事では、販売職から他職種への転職を成功させるためのポイントを詳しく解説します。

監修者:千葉彩香
監修キャリアアドバイザー
アパレルショップで販売員から店長を経験。年齢相応のビジネススキルを身につけたいと思い転職活動を行っている中で、提案の幅が広く存在価値の大きいキャリアアドバイザーの仕事に魅力を感じtype女性の転職Agentに入社。自身も異業種からの転職なので、キャリアチェンジを希望する転職希望者と同じ視点に立ってのアドバイスができることが強み。

販売職から他職種への転職は難しいのか?

販売職から他職種への転職は難しいのか?

販売職から他職種へ転職したいと考える人は、どのような理由やきっかけが多いのでしょうか。転職理由としてよく挙がるのは、次のようなものです。

・ 業界がかなり低迷していて、将来に不安を抱いている。
・ 売り上げを達成し、店長も経験したので、次のキャリアを考えたい。
・ シフト制で早番・遅番などがあるため生活のリズムがバラバラで、体力的に限界を感じている。
・ 業界全体として年収が上がりにくい。
・ 手に職をつけたい。

これらの理由を見て、「私も同じことを考えている」と思った人は多いのではないでしょうか。実際に他職種への転職を考えたとき、「他の仕事で販売職の経験が活かせるのか」「自分には企業が求めるスキルがあるのか」「未経験での転職は難しいのではないか」といった不安を感じる人もいるかもしれません。

でも心配はいりません。販売職から他職種への転職は決して難しくなく、販売職で培った接客や商品管理、売上管理、事務などの経験を活かして、他職種への転職に成功する人はたくさんいます。type女性の転職エージェントの利用者の中にも、販売職から他職種へ転職した事例は数多くあります。

なお未経験で転職するなら、社会人経験が2年以上あることを条件とした上で、25歳から29歳がキャリアチェンジに最適な時期です。30歳以上になると、経験のない他職種への転職に成功する可能性は低くなります。

販売職で他職種に活かせる経験やスキル

「他の仕事で販売職の経験が活かせるのか」が気になる人は多いでしょう。販売職で身につけた経験やスキルは、もちろん他職種でも役立ちます。

コミュニケーションスキル

接客で培ったコミュニケーションスキルは、営業やカウンターセールスなどの仕事に活かせます。顧客の要望に合わせた提案力や、購入を促して売上を作るクロージング能力は、営業職でも大いに役立ちます。

商品管理や売上管理の経験

日々の在庫や売上などの数字を管理した経験があれば、ITツールやシステムを使いこなせるだけのパソコンスキルが身につきます。本社へ報告するための事務処理やレポート作成なども含めて、管理業務の経験で身につけたスキルの多くは、事務職で活かすことができます。

販売職から事務職へ転職したい

販売職から事務職へ転職したい

まずは応募する事務職の仕事内容を確認する

事務職へ転職したいと考える人は、まず応募する企業の求人が「未経験可」となっているかを確認しましょう。さらに募集要項や企業のホームページなどを読み込み、仕事内容や求められるスキル・人物像を把握して、販売職の経験やスキルの中から転職先で活かせるものを面接でアピールする必要があります。

ひと口に事務職といっても、一般事務や営業事務、人事アシスタントなど求人の種類は幅広く、仕事内容はそれぞれ異なります。一般事務であれば、郵便物の仕分けや備品の在庫管理など、企業を運営する中で発生する全社的な事務や庶務全般が仕事の中心となります。営業事務であれば、見積書の作成や商品の受発注など、営業部門で発生する事務作業と営業担当者や取引先のサポートがメインになります。

よって自分が応募する企業の事務職について、仕事の種類や内容を事前にしっかり確認することが大事です。業務の中で誰とどれくらいの頻度でコミュニケーションが発生するのか、具体的なタスクにはどんなものがあるのかなど、仕事に対する理解をできるだけ深めておけば、入社後のミスマッチも防げます。

自己学習でPCスキルを高めておく

パソコンスキルに自信がない人や、業務で使ったことがない人は、自己学習でタイピングやエクセルのスキルを身につけることをお勧めします。自発的に学んだ成果を書類選考や面接でアピールすれば、事務職を目指す強い意欲が伝わります。

販売経験者ならではの強みをアピールする

事務職の採用では、求人数に対して応募者が多い傾向があります。事務職の経験者も多数応募するため、未経験者にとって採用のハードルは高く、内定を獲得するには応募する企業の母数を増やす必要があることを知っておきましょう。

ライバルが多い中で採用されるには、これまで販売職で培ってきたスキルや経験をどのように事務職で活かせるのかを伝えることが重要です。事務職は周囲とコミュニケーションしながら仕事を進めることが多いため、販売職で身につけた会話力や良好な人間関係を築く能力などを活かして仕事をスムーズに進められることを伝えれば、アピール材料になります。

販売職から営業職へ転職したい

販売職から営業職へ転職したい

目標達成の意欲や実績を具体的に伝える

販売職と営業職には共通する要素が多く、販売の仕事で培った経験を活かせる場面も数多くあります。どちらも売上目標が設定され、数字を達成するために行動する点では同じなので、目標達成への意欲や売上を作るために工夫したことを応募書類や面接でアピールすれば、通過率は高まります。そのためには販売職での実績や数字を整理し、どのように目標を達成してきたのかを具体的に伝えられるように準備することが必要です。

入社後の営業スタイルを確認する

応募企業の業務内容を理解しておくことも重要です。営業職も企業によって仕事内容はさまざまで、営業のスタイルも異なります。外回りが多い場合もあれば、カウンターセールスとして来店客への対応が中心になることもあり、新規営業かルート営業かによってもセールスの手法や顧客は異なります。転職してから「イメージと違った」などとミスマッチが生じないように、事前に業務内容をしっかり理解しておきましょう。

給与形態を理解する

給与形態を確認することも大事です。営業職では給与水準が高い求人もよくありますが、完全歩合制(フルコミッション)や歩合給の比率が高いケースも多く、実際には高い成果を出さなければその収入を得られないこともあります。また残業代は含まれるのか、賞与は年に何回出るのかなども理解しておくと、収入面でのミスマッチも回避できます。

販売職からエンジニアへ転職したい

販売職からエンジニアへ転職したい

事前の自己学習で自分の意欲や適性を判断する

「手に職をつけたい」「以前から興味があった」などの理由で、エンジニアを目指す人が増えています。エンジニアの仕事は一度覚えたら終わりではなく、常に最先端のIT技術を学び続けなくてはいけないため、まずは自分に勉強し続ける意欲や適性があるかを判断することが必要です。興味のあるプログラミング言語などを自己学習して、「これなら続けられそう」と思えるかどうかを確認しましょう。

より本気度が伝わる自己学習をアピールする

エンジニアの未経験採用では、ポテンシャルだけで選考を通過できる確率が大幅に下がっています。転職に成功するには、自主的にプログラミングをしている、専門のスクールや講座に通っているなど、より本気度が伝わる自己学習や自己啓発のアピールが必要です。

販売職で培ったスキルをどう活かせるかを伝える

エンジニアはチームで仕事をするため、販売職で身につけたコミュニケーション力が役立ちます。また技術職は作業の正確性を求められるため、販売の現場でミスなくオペレーションを回してきた経験もアピール材料になります。これらのスキルや経験も、選考過程でしっかり伝えてください。

将来のキャリアイメージを明確に伝える

「なぜ転職するのか」「入社後にどのようなキャリアを積みたいか」は、面接で必ず聞かれる質問です。未経験だからこそ、「どんなエンジニアになりたいか」「どのような専門性を身につけたいか」などの将来像を明確に伝えることが求められます。転職理由や中長期のキャリアについて事前に整理し、言語化できるように準備してから面接に臨みましょう。

ここまで販売職から他職種へ転職するためのポイントを解説してきました。もし転職について不安や悩みがあるなら、転職エージェントに相談してみるのもお勧めです。

type女性の転職エージェントでは、販売職から他職種への転職を多数サポートした実績があります。またキャリアアドバイザーの中には、販売職から今の仕事に転職した経験者もいます。「キャリアチェンジしたいけど上手くいくか不安」「自分に合う職種がわからない」「面接で何を話したらいいかわからない」など、わからないことや迷っていることがあれば、ぜひtype女性の転職エージェントにご相談ください。

まとめ

販売職で培った経験や能力で活かせるものをアピールし、足りないスキルは自己学習を積んで意欲を示せば、販売職から他職種へ転職することは十分に可能です。販売職から他職種への転職成功のポイントを理解し、しっかり準備と対策をした上で採用選考に臨んでください。

いつ転職すべき?
キャリアアドバイザーに相談してみる
合わせて読みたい転職ノウハウ
人気記事ランキング
Page Topへ