キャリアプランの面接での答え方、書き方のコツとは?career_plan

更新日:2021.05.25

キャリアプランの面接での答え方、書き方のコツとは?

更新日:2021.05.25

転職活動の面接で、必ずと言っていいほど質問されるのがキャリアプランです。 今後の仕事人生を充実させて自分らしい働き方を実現するためにも、キャリアプランの作成はとても重要となります。
とはいえ「どうやって作ればいいの?」「面接ではどう答えるべき?」など、疑問や不安がある人も多いでしょう。

そこでこの記事では、キャリアプランの立て方や面接での答え方、具体的な回答例まで、詳しく解説します。

監修者:村田有美
監修キャリアアドバイザー
美容に興味があったこと、人と深く長期的に関わって業務を行えることに魅力を感じ、新卒でエステ業界へ入社。エステの施術だけではなく、カウンセリングから最適な通い方、プランニング、商品の提案を行ってきたが、結婚、主人の転勤というライフイベントをきっかけに転職を決意。ただ「長期就業という条件を満たすだけの転職はしたくない!今まで通り、仕事自体にやりがいをもちたい!」という思いから、人材業界を志望。これまでの経験をさらにビジネスの場で活かせると思い、type女性の転職エージェントのキャリアアドバイザーへ転身した。

キャリアプランとキャリアパスの違いとは

「キャリアプラン(Career Plan)」を直訳すると「職歴の計画」で、「これからの人生でどのような仕事をしていきたいか」をプランニングすることを意味します。今後やりたいことや理想の働き方を目標として設定し、それを達成するためにやるべきことを計画します。

一方の「キャリアパス(Career Path)」は、直訳すると「職歴の道」となり、目標とする職務や職位に辿りつくまでの道筋を意味します。キャリアプランが転職や独立・起業などを含めた人生全体における仕事の計画を指すのに対し、キャリアパスは一つの企業内での出世や昇進のルートを示すものであり、主に企業が社員に提示します。

キャリアプランを立てるメリット

キャリアプランを立てるメリット

キャリアプランを作成することで、目標とする「将来なりたい像」が定まり、そこから逆算して「今、自分は何をすべきか」を明確にできるのがメリットです。やるべきことがはっきりするので、仕事のモチベーションが高まり、パフォーマンスも上がります。

転職におけるメリットもあります。面接では必ずキャリアプランについて聞かれるため、何も考えていないと転職活動でつまずいてしまいます。面接官が納得する答え方をするには、「転職理由」「志望動機」「キャリアプラン」の間に一貫性を持たせる必要があるので、事前にキャリアプランを立てればしっかりと準備ができます。

キャリアプランの立て方、考え方

キャリアプランの立て方、考え方

キャリアプランを立てるには、次の3つの作業が必要です。

① 現状を自己分析する

まずは自分の現状を知ることが大切です。今までどんな仕事をし、どのような成果を上げて、どんなスキルが身に着いたかを振り返ります。

具体的な作業としては、仕事での成功体験や失敗体験をエピソードで書き出してみるのがお勧めです。その際に「なぜ成功・失敗したか」「どんな工夫をしたか」「成果・実績」「身についたこと」を合わせて書き出すと、今の自分が持つスキルや強み・弱みが明確になります。

② 「将来なりたい像」を具体化する

キャリアプランのゴールとなる「将来なりたい像」を明確にします。目指す職種や役職、年収だけでなく、それを実現するために必要なスキルや経験、役割なども合わせて考えてください。

例えば、将来は課長になりたいなら、「部下の成長や成果の達成に向けてマネジメントする」「課の成果を最大化する」「責任も裁量も広がる」といったことが思いつくでしょう。なりたい将来像を描くだけではなく、それを実現するために必要な要素まで具体化することが重要です。

③ 現状と将来像の差をどう埋めるか考える

①で洗い出した「現状の強み・弱みやスキル」と、②で具体化した「将来なりたい像と必要なスキル」を照らし合わせて、そのギャップをどのように埋めるかをプランニングします。

「課長になるにはマネジメント経験が必要だから、まずはチームリーダーを目指そう」「チームリーダーになるには実績を出す必要があるから、半年後までに○○の実績を出そう」などと書き出して、やるべきことを具体化してください。

将来やりたいことがイメージできない場合

まだ将来やりたいことがイメージできない人は、①の自己分析をする際に、同じ業界や職種の同年代と比較して、自分の強み・弱みは何かを考えるといいでしょう。それを踏まえて②の将来なりたい像を考えれば、「この強みを活かせば、こんなことができそうだ」とやりたいことを発想しやすくなります。

面接でキャリアプランを聞く理由

面接でキャリアプランを聞く理由

転職の面接では「入社後どうなりたいか」「3年後、5年後にどうなっていたいか」「将来のキャリアについて聞かせてください」といったキャリアプランに関する質問をされます。面接官がキャリアプランについて質問をする理由は、主に2つあります。

①「入社後に長く働くつもりがあるか」を確認するため

どの企業も長く働いてくれる人を採用したいと考えているため、重要な確認事項としてキャリアプランを聞きます。長く働きたいと考えているなら、目の前の仕事だけでなく、数年後のキャリアについても具体的なイメージを持っているはずです。よって将来のキャリアプランについてしっかりと答えられる人なら、自社で長期的に働いてくれると判断します。

②「本人の希望するキャリアが自社で叶うか」を確認するため

企業側は「自社で実現できるキャリアと本人が思い描くキャリアに、ミスマッチが起こる可能性はないか」を面接で見極めています。例えば、企業側は「管理職として活躍できるリーダー候補を採用したい」と考えているのに、本人は「現場のプレイヤーとしてキャリアを積みたい」と考えていたら、入社後にミスマッチが生じます。面接でキャリアプランを聞くのは、こうしたズレが生じるのを防ぐ目的があります。

面接でキャリアプランを聞かれたときの回答例

面接でキャリアプランを聞かれたときの回答例

回答例①

5年後にはマネージャーとして、後輩の指導・育成や組織の売り上げ拡大を図りたいと考えています。まずは営業部門のトップの成績を残し、そこから得た経験やノウハウを後輩に伝えて、チームの売り上げを高めるのが目標です。

回答例②

1年後には事務職として、営業職がより一層お客様と向き合いやすい環境を作っていきたいと考えています。3年後には営業のサポートだけでなく、後輩の指導や業務改善の提案なども行いたいです。

回答のポイント

・応募企業で実現可能なキャリアプランを話す

回答するキャリアプランは、その会社や職種で実現可能なものであることが大前提です。事前に求人票やホームページの内容を読み込み、応募企業で自分がやりたいことを叶えられるかを確認してください。

・具体的に回答する

面接でキャリアプランを答えると、「なぜそうなりたいと考えたのか」と深堀りされることが多いので、理由も答えられるように準備しましょう。回答に具体性があれば、面接官は「自分に期待される役割を理解している」「将来についてしっかり考えている」と評価します。

・「○年後には」と時期を区切って話す

「1年後には〜」「3年後には〜」などと時期を区切って話すと、短期的・中期的なプランをわかりやすく伝えられます。

・実現のために努力していることを伝える

キャリアプランを実現するために、どんな努力をしているのかを伝えることも大事です。将来なりたい像に対して、今の自分には何が足りないのかを理解し、目標達成に向けて行動できる人物として評価されます。

年代別のポイント

キャリアプランを回答するときにアピールすべき内容は、年齢によっても異なります。20代前半から中盤は「どれだけの自己成長を達成したか」、20代後半から30代は、「マネジメントやリーダー経験を通じてどのように会社へ貢献したか」を話すと効果的です。

キャリアプランを聞かれたときの注意点

キャリアプランを聞かれたときの注意点

面接でキャリアプランを聞かれたときに、次のような答え方をすると「質問に的確に答えていない」と判断されるので注意してください。

回答に具体性がない

「世界に羽ばたきたい」などの壮大なビジョンを語るだけではNG。そのために何をしたいのかを具体的に答えないと、面接官は「キャリアプランをしっかり考えていない」と判断します。

仕事と関係ないことを回答する

面接官が聞いているのは、あくまで入社後のキャリアプラン(=職歴の計画)です。仕事上の目標や職業人として成し遂げたいことに絞って回答し、結婚・出産の予定といった仕事と直接関係がないことを答えるのは避けましょう。

まとめ

キャリアプランの作成は、自分の将来を考える上でも、また面接の準備としても欠かせない作業です。目指す将来像が明確になれば、それを叶えられる転職先も見つけやすくなります。将来やりたいことがある人はもちろん、まだはっきりとイメージできていない人も、この機会にぜひキャリアプランを立ててみましょう。

いつ転職すべき?
キャリアアドバイザーに相談してみる
合わせて読みたい転職ノウハウ
Page Topへ