エンジニア職の
職務経歴書の書き方とフォーマットCurriculum Vitae

作成にあたって
記載しておきたいポイントPoint to note

  1. point01

    業界に拠らず、様々なシステムに
    携わることも多いエンジニア職は
    「いつ」「どこで」「何を」「自分が」「どのように」したか
    を明記することが重要になります。

  2. point02

    応募する企業の得意分野に合った
    職務を抜き出して
    記入するといいでしょう。

  3. point03

    習得スキルや取得資格、
    学校で学んだ専門分野、
    なぜその企業に興味をもっているか
    などを記載すると良いでしょう。

  4. point04

    いろいろな要素を組み合わせ、
    少ない経験をカバーするのも
    テクニックのひとつです。

職務経歴書のフォーマットFormat

本項目では職務経歴書のフォーマットのダウンロード、書き方の詳細なポイントを記載しています。

※ダウンロードの際は、パソコンからアクセスください

書き方のポイントPoint to note

  • 職務要約

    得意分野がある場合は記述する。プロジェクトマネジメントを体系的に学んでいる人は、資格が無くてもアピールになります。

  • 業務内容

    自分のキャリアの中で複数の業務経験がある場合、それぞれに内容を簡潔に記載しましょう。

  • 業務の役割

    プロジェクトのメンバー数と、自分の役割は必ず記載しましょう。リーダー経験をお持ちの方は、人員数も記載するとベストです。

  • プロジェクト期間

    開始時期と終了時期は必ず明記しましょう。プロジェクトベースで仕事をしている場合、仕事内容は文章で書くよりも、マトリクスで分けた方が分かりやすいです。進行中のプロジェクトがある場合は、入社時期の目安となるため、終了予定日も記載しましょう。

  • 現プロジェクトの終了時期

    進行中のプロジェクトがある場合は、入社時期の目安となるため、終了予定日も記載しましょう。

  • 開発環境

    開発環境、仕様言語、担当業務は、経験したものを列挙しがちだが、応募する企業に合わせてできる限りコンパクトにまとめる。またツール類はバージョンを明記すると良いでしょう。

履歴書の書き方
  • 転職個別相談会 働き方のことでお悩みなら まずは相談してみて下さい。
  • サービスの流れ
  • キャリアアドバイザーの紹介
Page Topへ