営業職の
職務経歴書の書き方とフォーマットCurriculum Vitae

作成にあたって
記載しておきたいポイントPoint to note

  1. point01

    自分の経験した営業スタイルや
    得意分野がきちんと伝わるよう、
    詳細に記述しましょう。

  2. point02

    対象顧客の種類(業界・規模・エリア等)や
    商談相手(年齢層や役職等)、
    平均的な提案金額・期間などを
    記入すると伝わりやすいでしょう。

  3. point03

    クライアントの課題、
    それに対する自分の提案など、
    仕事が上手くアピールできる
    好事例があれば、
    導入実績として記入しましょう。

  4. point04

    具体的な数字や実績、
    目を引くトピックスを明記できるか
    どうかも重要なポイントになります。

職務経歴書のフォーマットFormat

本項目では職務経歴書のフォーマットのダウンロード、書き方の詳細なポイントを記載しています。

※ダウンロードの際は、パソコンからアクセスください

フォーマットのポイントPoint to note

  • 所属概要

    在籍企業の規模、部署の概要を伝えるようにしましょう。

  • 担当商材等

    営業職の場合、「担当商品(サービス)」「営業スタイル」「経験担当業界」「担当エリア」の4項目は、必ず明記する。担当顧客も記載できると尚良いでしょう。

  • 工夫した内容

    自分がどんな営業をしていたのか、分かりやすく記載する。同業種内での転職では、規模感や具体的な提案内容、異業種への転職なら汎用的な営業力がアピールできる内容を重点的に記載しましょう。

  • 営業実績

    実際の記載は目標、達成率など数zいを挙げて、できるだけ具体的に。順位や達成率など相対的な評価が分かるようにする。案件についても具体的に記載しましょう。

  • 利用できるアプリケーション

    利用できるアプリケーションなどの補足情報もアピール材料になります。

履歴書の書き方
  • 転職個別相談会 働き方のことでお悩みなら まずは相談してみて下さい。
  • サービスの流れ
  • キャリアアドバイザーの紹介
Page Topへ