** 社名非公開 **(横浜)高周波回路開発(通信インフラ関連装置の研究開発)/最先端5G・Beyond5G(6G)

募集内容

仕事内容
【東証一部上場・売上高2兆円を目指す日本を代表する企業/ローカル5Gl構築に向けた研究開発に従事できます】
■通信インフラ関連装置の研究開発担当として、下記業務をご担当いただきます。
・5G通信インフラシステム関連装置のミリ波帯高周波回路の開発設計
・HFSS/Micro Wave officeによる高周波回路シミュレーション
・Massive MIMO用多素子アンテナの研究開発
・国内/海外の関連会社との技術協議。上記に加え、Beyond5G(6G)の研究開発にも従事して頂きます。
【京セラの5Gについて】ローカル5Gサービスは、2030年までに日本国内のみで1.3兆円まで拡大する見込みです。ローカル5Gは、スタンドアローン型
 (5Gを独立で構築)とノンスタンドアローン型(4G網の中に5G環境を構築する)の2種類がありますが、当社は、唯一のスタンドアローン型のサービスを
 自社のみで開発。スタンドアローン型は、構築の難易度は高いですが、4Gを使用しないため圧倒的なコストメリットを出せる優位性があります。
 また、シリコンバレー発の世界的な大企業×スタートアップ企業を繋ぐプラットフォームであるプラグ&プレイにも参画し、最新技術の研究を展開。
【採用背景】現在、IoTにより各分野でデジタルトランスフォーメーションの動きが始まっています。この潮流の核となる次世代通信システム5Gへの
 世界的な移行が今後、加速度的に進むと期待されています。この様な状況下において当社では、PHS基地局を始め京セラ独自で開発し実用化した
 WLL通信システム、i-BUST通信システム等の開発経験とセラミックフィルター等の各種部品技術を融合し、5G通信インフラシステム関連装置の
 開発を行っています。今回、本開発体制を強化すべく人員募集を行います。
募集条件
■必須条件:
無線機あるいは高周波回路の開発、設計の経験をお持ちの方

<学歴>大学院、大学、高等専門学校卒以上

■年収例:
・630万円(技術系総合職30歳/月給29万円+賞与+各種手当)
・720万円(技術系総合職35歳/月給33万円+賞与+各種手当)
※予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
 月給は固定手当を含めた表記です。
勤務地
神奈川県
想定年収
420万円 〜900万円
Page Topへ