最終確認日:2023年01月30日

亀田医療情報株式会社IF(インターフェース)開発エンジニア

募集内容

仕事内容
■IF開発チームの一員として、アプリケーションの設計から実装、リリースまで担当していただきます。
 医療機関で使用する各サービスや製品は他社システムやサービスであり、開発部門として連携仕様の調整や検証も行っていきます。
 クラウドサービスで新規に作成するサービスも計画しており、その基盤としてMicrosoftAzureを採用していますので、
 Azureの各種サービスを利用した最適なアプリケーションの開発を目指します。

■業務詳細:
 ・電子カルテと各部門システムを接続,情報連携するインターフェイスアプリケーションの開発、障害発生時の調査
 ・クラウドカルテと院内部門システムを連携するサービスやAPI群の開発
 ※その他医療機関への導入対応フォロー、ナレッジの共有や社内勉強会の開催や、ゆくゆくは後進エンジニアの育成もご対応いただきます。

■組織:東京麹町本社メンバー、大阪オフィスメンバーなど拠点を越えたメンバー構成です。
    リーダー2名、メンバー5名の体制で20代~50代まで幅広い年代の社員が在籍しています。
募集条件
◆C#.NETの開発経験
◆何らかのDBMSを利用した開発経験
勤務地
東京都

受動喫煙対策:確認中
想定年収
求人紹介時にご案内します

企業情報

企業名

亀田医療情報株式会社

事業内容
◆同社は2013年2月に(株)アピウス(現亀田医療情報)が存続会社となり、シーメンス亀田医療情報システム(株)と
(株)国際疾病管理研究所の事業の一部を吸収合併しました。
 各社のノウハウを結集させ『クライアントサーバー型』と『Web型』のシステムで、大規模病院から中小規模病院まで
 幅広いニーズに応えられる体制を築いてきました。今後も医療のIT化を推進すると共に、医療の質向上を実現していきます。
 主に電子カルテシステム、診療マネジメントツール、業務サポートツールを製品として事業展開されています。
・電子カルテシステム
 統合診療支援システム「Kai」
 Web電子カルテ「アピウス エクリュ」
 精神科Web電子カルテ「アピウス プシュケ」
 クラウドカルテシステム「blanc」をはじめとする医療機関向け情報システムの開発と販売
設立
2000年2月
資本金
1億円
従業員数
87名
Page Topへ